カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてカツオを釣った   ,2010/07/17 (土)
AM6時、西伊豆沖。
到着した現場の海域には同じ目的の遊魚船が集結していて
すでに船上ではルアーマン達がそれぞれ投げたりしゃくったり
向かいの船の釣り人の竿が曲がったと思ったら、銀ギラな1本が見えた。
カツオだ。今日は釣れそうだ。



リベンジにどうかと先達に誘われて、今年2回目のカツオ釣りで遊魚船に乗る。
前回2週間前はアタリすら取れず無念だったので、今回こそはと。

ナブラは引っ込がちだけど群れは居るようなので、停船と同時にジグを落とす。
こーだろうか、あーだろうか、ベストが解らないまま見真似でやる。
すると 隣でやっていた先達にグインとアタリが来た。おおさすが。
隣で似たような事をやってるのに、何が違うのだろうか。

現場の海域にはすでに
カツオ狙いの船が集結している。

目前のナブラにジグを通しているつもりなのに、今日もまだアタリが無い。
ジグを追ってギラリと反転して逃げたり、群が真下を通ったり、限りなく近づいているのに。
スイベルを外してフリーノットにしてみたり、フォールの時間やシャクリのタイミングを真似る
すっかり釣果を確実にした先達たちが、やれ先に立て、それそこに投げろと、
素人に釣らせてやろうと手回ししてくれる。

どこがどう良かったのか悪かったのか解らない
そんな中、移動中の群の鼻先にジグを落としこんで、クインクインとアピールしていると
ガツコンッっとアタリが来た! 予想していたより軽いアタリだ!
これぐらいならと強引に船まで寄せたら、一転してカツオがギュギュ~~ンと潜り込む。
先達から「口切れするから捕り込み焦るな、その内止まるから潜らせろ」と激が飛ぶ。
無理に抵抗しないで ドラグをジィージィーと出るままにしておくと、次第に走りが止まった。
それ巻け!深く青い海底から太陽の反射を受けてギラリ光るカツオを巻き上げる。
先達が差し出したタモに 無事送り込んで勝負あり。ヤッタ!カツオ釣った。

銀ッギラ、ビッチビチ。
釣り上げてすぐのカツオって美しい。
背が青く輝きを放つ。

一度釣り上げるとやり方感覚が理解できたので、その後もう1本追加できた。
結局釣果は2kg級カツオ2本ゲット、2本バラシ。
沢山あったチャンスの割りには貧果とも言えるけど、初のカツオゲット。
オフショアの釣りも楽しいな。


...このカツオをすぐにさばいてタタキに。
...富士山で採ったキノコと合わせて食ってみた

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/07/19
  • ..[編集]
IKEさん
今回のカツオ釣りは連れて行ってもらったので
カツオの情報がどうなのか あまり知らないのですが
確実に夏、って感じでした。
相模湾でも来るといいですね

タタキにしたカツオを持って富士でキノコ狩りをしたので
無理矢理合わせ料理にしてみました。
またレポートしますので~
  • Ike (#hXUhQmuQ)
  • URL
  • ,2010/07/18
  • ..[編集]
おめでとうございます。
すでに西伊豆ではカツオ来たんですね。
と言うことは相模湾もそろそろキックオフか!

さて、どんな料理か楽しみです♪

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。