カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コガネヤマドリを食ってみた   ,2010/07/14 (水)
コガネヤマドリのスライス。リゾットにいい素材。

週末狩ったコガネヤマドリを食ってみる。

このキノコの食毒については情報元によってまちまち。
何が悪いかというと、たまに苦いのが混じると言う。
なので1本づつ洗ってかじって舐めてみたけど、どれも苦味は全く無い
それどころか、ちょっぴりコクのような味さえ感じた。

初めて食うキノコなので まずは素の味を試す
ホイルを敷いて塩で焼くと ジュワッとイグチらしい味の汁が広がる。
鶏卵のようなまろやかな味も感じる。これはかなりコクがある。
更にバター焼にしたらかなり味が引き立って旨い。

洋風に合いそうなのでリゾットにしてみることに。
米と一緒に炒めてワインと湯を継ぎ足し煮ていくと、とても黄色いリゾットができた。
特にブイヨンも加えてないので、この円やかなコクはコガネヤマドリのものだろう。
後味に少ししつこさがあったけど、やわらかく太い味がイイ。

コガネヤマドリ。肉固く 色美しく ヌメリ無く、身持ちのいいイグチ。コガネヤマドリの煮汁はサフランでも使ったみたいな美しい黄色に。



コガネヤマドリのリゾット レシピ(どんぶり1杯程度)
イタリアの米100gをオリーブ油大さじ2で炒めて、
コガネヤマドリ5~6本のスライスも一緒に炒まったら、白ワイン50ml投入
水気が飛んだら更に200ml湯を投入、塩小さじ1/2も。その水気が飛んだら、
あとは200mlの湯を4~5回に分けて注いで米の硬さがお好きな所で完了。
チーズをお好みで、どっさりと。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/07/21
  • ..[編集]
>midoさん
確かにコレを狙って採っている人は少ないかもしれませんね。
ただそれだけに食っている人口が少ないでしょうから
食毒については良くも悪くも要注意でしょうか。
個人的には問題無かったので沢山採って保存してみようかと。
コガネヤマドリは「無印」なので、食べてみようともしなかったのですが、悪くないようですね。参考になりました。
収量があるきのこなので、コガネが使えるとなると助かります。今度、試してみます。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。