カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青物の気配はあるけど   ,2010/07/04 (日)
伊東の港。いい釣り場だと思う

昨日からの魚パーティがお開きになって、皆帰っていったけど
今週末のボウズのもやもやが晴れないので、夕マズメに釣って帰ろうかと
お手軽にやろうと堤防へ行ってみたら、地元の釣り人がサバを釣ってる。
40cmに迫りそうな良いサイズ。ならばとメタルで攻めてみるけど、
ルアーでは何故か食わんよと、地元民の声。

それでも、もしかすればと思って投げ続ける。
メタルをシャクリながら、足元の海面をぼうっと見てたら透明な気配が通る。
よく見たらデカいアオリイカだ。エギは無いし飛び込んだら素手で採れるかな
なんて想像しながら、静かに見送る。

似たような狙いのお隣さんは、日暮れ前にサバを掛けた。いいな。
こちらのトップウォーターには鉛筆サイズのカマスがアタックしてきただけ。
投げても届かない200mぐらいの沖で、何か大きな魚がライズしている。
たぶんイナダかワラサじゃないだろうか。
二人とも無言でそちら方面に できる限り遠くへ投げるけど、届く事は無かった。

気配は感じた。青いシーズンがやってきたのかも。

昨日のシイラをポワレに。素直な白身なのでなかなか悪くない。隣はサバ、こちらはペンシルカマス。ルアーと同サイズにアタックするからスゴイ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。