カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年のカツオ船ルアーはアタリもなし   ,2010/07/03 (土)
年に一度のカツオ釣り祭り。

毎年1度のイベントにしている、船でのカツオ釣りへ。
今年の相模湾のカツオはまだここ数日スタートしたばかりだという。
いつもは陸っぱりの釣りしかしないので、船の釣りはまったく情報がない。
だけどこの日は詳しい先達に連れてもらうので、勉強がてらに。

今日のプランは、朝に富士川河口でタチウオを狙ってから、
沖へ走ってカツオを狙いに行くという。その辺はプロにお任せ。
タチウオは初めて、カツオはまだランディングに成功した事が無い。

低くうなだれた霧雨雲の遠州灘を越えて、富士川の河口へ向かうと
すでに10隻程の同じ目的の釣り船が集結して、魚影を求めてフラフラ。
ウロウロして、ふと船が止まったところで、船長からの指示が。「15m」
なんどがシャクっていると、友人が1本ギラリと光ってウネるのを揚げた。

型は小さいけれど、周囲もよく釣れ始めている。
よくわからないまま、とにかく言われたまま ジギングして探っている内に、
クンっとアタリがあって、糸を通して長いニョロニョロ系の抵抗を感じた。
けれども巻上げ中にバラしたようで、フッと軽くなった。
だんだん船酔いで気持ちが悪くなってきて、結局タチウオはこれでアウト。

完全に船酔いでダウンして、沖へ走る船の上で横たわって耐える。
たまに何度か船が止まる度に、潮目や小さいナブラを攻める。
そしてウっと吐いて、また横になる。やっぱり酔い止め薬は飲むべきだった。

すっかり寝てしまって、ふと停船するエンジン音を聞いて フラフラ起き出すと
釣り船が固まって集まっているし、その船が取り囲む中央にはナブラ!出た!
他の漁船を避けて移動してゆくナブラの群を追って、良い位置に付いたところで
「カツオだ、ホラ打て」と船長の合図に、メタルジグを全力打ち込む。
群の頭上を通したハズのジグには反応が来ない、そしてすぐに群は移動して行く。

先に来ていた釣り船の前には、
カツオのナブラが。

そんな繰り返しで、突然隣の先達が来た!と。みればロッドがグイグイ曲がってる。
ああ、いいなあ。。巻いて、投げて、フォールさせて、シャクって、ルアーを替えて
手を替え品を替え、できる限り釣れそうなイメージの事を全部やってみるけど、
曲がるのは先達の竿ばかり。きっと何かが違うんだろう。

まだ行ける、次は釣る。そんな気持ちの中、雨が来て荒れると船長が言う。
確かに気がつけば周囲は風神がやってきたように、みるみる黒く覆われる。
二人の先達と船長に「最後だ、やれ 釣れ」と励まされ、一人きり船先で投げる。
結局、今回はカツオのアタリが来る事無く、豪雨がドシャっときて水入りに。
何度かこれだと思える通り、群の中にアピールできたと思ったのに。

興奮から醒めてみれば船酔いなど吹き飛び、大雨で気持ち良く全身ずぶ濡れ。
チームの釣果としては、2kg超級カツオx4本、30cmシイラx1本、タチウオx5本。
夜のパーティには十分過ぎる収穫に成功。とは言え釣果は先達2人のもの。
腕にはメタルジグの重さしか残らず、モヤモヤした悔しさだけが残る。
また乗ろう、カツオルアー船。このフィーバーは堪らない。

チームの釣果はカツオ4本。最初に釣ったおいたチビなシイラも料理する。ああ、とっても美しいカツオの赤い身。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。