カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沖のブリが寄ってこないかと   ,2010/06/26 (土)
真鶴の港

真鶴沖でブリ・ワラサが沸いていると聞いて
沖にいるなら、ちょっとした瞬間に岸に近寄る事もあるのではないかと
淡い期待だけで 真鶴に行ってみることに。

恐らくチャンスは朝マズメだろうから、現場へ急ぐ。
am4時を回って真鶴に着いた頃には もうすっかり薄明になっている。
最近朝明るくなるのがすごく早いなと思ったら、夏至のシーズンか。

急いで目星を付けていた磯への降り口をみつけて、崖を降りる。
すると目の前には海を遮るように定置網が横たわる。残念、場所が悪すぎた。
急いで崖を登って 別の磯に降りたら、今度は足場が高すぎる。
あっちこっち登っては降りてを繰り返して、結局朝はまともな釣りもできず。

昼に潮が引いたところで、潮通しの良い先端で通りすがりの青物を待つ。
ブリどころか鳥も何も来ない。足元の波っ子すら跳ねない。
青物狙いの人は全く居ない替わりに、周りにはエギの人が多い。
季節と場所から言えばアオリイカを狙うのが順当のようだ。
郷に従って 夕方から夜はイカを狙うも、特にアタリもなし。

届かなくてもいいからナブラが見たかった。「遠すぎだナ」とか言いいながら。
真鶴の磯の土地勘はついたけど、気持ちは不完全燃焼。

ヤマモモがすっかり実を落としていた。横浜より早い。降りた磯の前には定置網が。さすがプロ、イイ場所に置いてある。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/06/30
  • ..[編集]
>シーガルハウスさん
ご実家がそうですか。それは、とてもリアリティ溢れるお話ですね。
思っていたよりも、定置網の誘導網の付近は良いポイントのようですね。
確かに協会の実験映像でも誘導網に沿って、
魚が行ったり来たりしているので、通過するチャンスは多いような気がします。
ポイントの見極め方を見直すよい知識になりました。
私の生家では、イカナゴを獲る小型の定置網漁をしていたんですよ。
そのイカナゴを追って、サバやカツオが入ることもありました。
定置網は沖の方にあって、岸近くからそこまで誘導する網があるんですね。
その網は海岸と直角に沖の定置網まで延びてます。
回遊してきた魚を網で遮り、定置網へ導く訳ですよ。
なので、誘導網の近くは回遊魚がいる可能性が高いはずですけど。

協会の図では定置網から直角に出ている網で、あの網が岸近くまで延びているんですよ。
  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/06/29
  • ..[編集]
>シーガルハウスさん
見かけた定置網が青物を狙っていたのかどうかわかりませんが、
あのロケーションなら十分釣れそうですよね。

良い機会なので、定置網って一体何を狙っているのか、調べてみました。
対象はサケ・イカ・アジ・イワシ・鯛、その他あらゆる魚種が。
参考)日本定置網漁業協会 このような協会の存在も初めて知りました。
http://teichigyogyokyokai.seesaa.net/
そう言えば真鶴では青物狙いの人を見かけませんね。
定置網の周りには青物がいても良さそうですけど。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。