カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘビトンボが飛んできた   ,2010/06/05 (土)
恐らくクロスジヘビトンボ

夜、網戸にハタハタと大きな羽音の気配が。
見ればヘビトンボ。去年は偶然捕まえたと思ったけど、今年も来た。

ヘビトンボは全長7cmぐらいと、川虫から育つ仲間にして大きい部類。
音がしそうなバタついたスローな飛び方は、
見ていて心配になるような、迫力満点のような。
同じ川育ちのトンボはあんなに機敏なのに。

細かく調べてみたら、たぶんクロスジヘビトンボ。
やはり清流に育つ川虫の一種、とある。
近所の川は清流とは程遠い汚さなのだけれど、そんな川でも育つのか、
はたまた わずかに残る小さな森の細い支流で育ったのか。
近所で育っているという事なら 嬉しいのだけれど。


模様も色も無く、普通のヘビトンボに比べてシック。大きい虫なので迫力あるけど、目はとってもつぶら。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。