カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春菊の花を海老と一緒に   ,2010/05/17 (月)
春菊の花を食べてみることに

去年の晩秋、玄関前の放置菜園に いくつか春野菜の種をバラっと撒いた。
撒いただけでなのに大根は勝手に育って、次第に春菊も芽を出した。
大きくなったらスキ焼きにでもしようかと思っていたけど、フト見れば
すっかり縦に伸びて、菊菜と言うよりは 菊の花になってしまった。

もともと春菊は地中海が原産で、欧州では観賞用だとか。
シンプルで優しい感じの健康的なキクの花は、確かに愛でるにも良い。
野菜として売ってる菊菜は、どうやら何か特別な育て方があるのだろうか
まあ、せっかくなので 試しにこの菊花を食ってみる事に。

レシピを探していて、海老の菊花揚げというのを見つけたのでコレをやってみる。
特に恋を占うでもなく、花びらをブチブチちぎって、サッと湯びく。
試しにそのまま味付け無しで食べてみたら、甘!そのあとに菊の味が広がった。
まさか甘いとは思ってなかったので驚く。とっても上品な花の甘さだ。

春菊の花は、とても普通なデイジーって感じ。まさか地中海産とは。葉は小さい春菊なので、花を海老と食ってみる。サッと湯引きしたものをそのまま食うと甘い!

試しに海老に菊花を抱かせて、小麦粉をつけて揚げてみたけど、
油に投じた途端に、パーッと菊花は散り散りに。ただの揚げ海老になった。
よくレシピを読むと、どうやら卵白に混ぜ込んでコーティングするようだ。なるほど。
卵白にハサミで春雨をぎゃりぎゃりと切って入れて、菊花も混ぜる。
小麦粉を打った海老を、色々混ざった卵白衣に包んで揚げたら、それっぽくなった。

出来上がりは、まあ海老の春雨上げ?というのか、カリっと歯ごたえで海老が旨い。
でも菊花は少なくて殆ど効いていない。おひたしで食ったほうがずっと良かった。
そうでなければ、菊でソースを作って、揚げ海老に餡かけしたらイイんじゃないかと。
揚げ海老の春菊餡かけ。旨そうだし彩りも良さそう。次回やってみよう。


春雨と菊花を卵白に混ぜて衣に。こういうテクニックか。海老の菊花揚げ(?) 見た感じはただの海老フリッター。衣にした菊花が少なくて、あまり効いていない。


レシピ
海老と菊花を揚げる
http://www.katsuo.co.jp/recipi/ebikikuna.html

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。