カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タラゴンで鰯を焼いてみた   ,2010/05/12 (水)
タラゴンを抱かせて鰯を焼いてみる。

友人にイタリアンの魚料理のレシピ本をもらった。
中でもお勧めだと聞いたのが、鰯とフェンネルのパスタ。
いつかまた、マイワシがどっさり捕れるハッピーな日に備えて
今日はそのレシピを試してみようかと。

それに必要なフェンネルを買いに。
フレッシュハーブ揃ってそうな、高級志向のスーパーに行くけど無い。
他にも10店舗以上問い合わせてみたけど、どこも置いてない。
ディルなら見かけたけど、フェンネルはあんまり一般的ではないようだ。
ネットで調べてみたけど、そうそう売ってないような感じ。

残念だけど今夜は諦めた。鰯は買ったので 他の料理を。
代わりに以前から気になってたタラゴンを見つけたので買っておいた。
味も香りも知らないけど、なんとなく衝動買いしたのでコレを使おう。

下地に茹でたジャガイモを敷いて、その上にみじん切りにしたタラゴンを敷く。
切ったタラゴンからは、アニスのような甘い、なんとも洋モノっぽい香りが。
その上に鰯の身を乗せて、塩コショウ・オリーブ油・ニンニク・たまねぎ。
オーブンが無いので、耐熱皿ごと魚焼きグリルでじっくり焼く。

焼ける魚と一緒に甘ったるい香りが面白い。スモークしてる時みたいな。
べったりと強く甘い香りは、どっちかと言うと肉に合いそうな気がする。
でなければ、重たいめのソースに合いそう。田楽味噌なんか良かったりして。
もっとヨモギっぽい味を想像してたので、甘香に驚いた。


タラゴンは初めて使う。アニスのような甘い香りが洋モノっぽさ満点。鰯の頭とワタは試しに塩漬けにしてみた。魚醤の実験になるかと。かりっと表面が焼けたら完成。鰯のタラゴン焼き?できた

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。