カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハリギリのキンピラとラテン風炒め   ,2010/04/07 (水)
成木のハリギリの芽を摘む

春が近づくと 窓から見える裏山のハリギリの若木を 時折チラ見して確認する。
この一と月程は 先端の新芽のまだ赤いハカマが固そうだなと思っていたけど
今朝ハっと気がつけば 新芽は萌黄色に長く伸び、先端には葉も見えた。
裏山へ行ってみると、日当たり良い場所の成木は新芽がたくさん開いている。
東京桜満開宣言から6日。去年とほぼ同じ時期の旬が来た。

朝飯前に収穫しておいたのを、夜食おうかと。
ハリギリは苦味と香りが鋭くて そのままだとキツイ&エグイ。
だから肉や脂と合わせると良いと思うが、あまり火を通し過ぎると風味を失う。
美味しいハリギリの調理法を探して、いろいろやってみた。

1品目はキンピラ。ごぼう・人参・唐辛子をごま油で炒めたら、
最後にハカマごとスライスにしたハリギリを加えて、すぐに醤油ダレを加える。
タレが全体に馴染んだら完成。これは、かなりイイ!
しっかりした味のゴボウに負けず、青いハリギリの香りが活きている。

2品目は 鶏肉とエリンギでラテン風(?)な炒めものに。
鳥モモをたっぷりオリーブオイルで炒めたら、次いでエリンギも炒めて、塩コショウ。
焦げ始める前にハリギリの葉を加えて、一緒にワインを注いで軽く蒸す。
水気を飛ばして皿に盛ったら、最後にレモン汁をふって完成。
なかなか悪くない。良いアクセントになってる。

3品目でアンチョビとパスタにしてみるけど、春キャベツの方がお似合いだと思った。
今夜の一番はキンピラで決まり。


裏山で見つけたキクラゲ。先週が旬だったのかな?本日の収穫はハリギリの芽。これだけあれば十二分。ハリギリのキンピラ。はかまごとスライスしたのを使う。ハリギリを鶏肉・きのことラテン風に炒める。ハカマは除く。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。