カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜満開の野島公園で潮干狩り   ,2010/04/04 (日)
野島公園は桜満開

今年もそろそだろうから、少し早い目の潮干狩りに。
昼過ぎに干潮だけど、朝一番で野島公園に到着。
季節が良いと混雑するけど、今日は冬日だし大潮でないからか、人の入りもゆったり。
折角だから、桜が満開の公園を散策する。

桜といえばアミガサタケ。時間をかけて あればいいなと桜の周囲をウロウロする。
そうやって公園中央の小高い丘に登ってみると、林の中でチョロチョロとリスが走る。
このアタリで問題になってる噂のタイワンリスだろう。小さな林でも逞しく生きている。

なんとなく植物相が海岸風情のある丘や公園だからか、
知った山菜は見当たらなかったけど、代わりにアジアンタムが自生しているのを見つけた。
後で調べてみたら、ホウライシダという種類だと思う。これがアジアンタムの事のようだ。
アジアンタムは何度か鉢植えで買っては枯らしたけど、国産だとは思わなかった。

昼も過ぎて潮が引くと、人がやってきて皆アサリを掘り始める。
なんとなくだけど、今日の収穫は小粒だ。まだ早いのかな?
友人達と掻き集めてボンゴレパーティにするだけは 採れたから良し。


小さい林だけどリスが居た。たぶん噂のタイワンリス。アジアンタムの自生を発見。名前から勝手に東南アジア産だと思ってた。さて、潮が引き始めたら潮干狩りゲームの開始。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。