カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タラの芽とチーズの揚げラビオリ?   ,2010/03/29 (月)
ラビオリを作る。餃子の皮で代用しよう。

週末は久々、食材にできる収穫があったので さっそく料理で遊ぼう。
今夜の食材は タラの芽とハリギリの芽。同じウコギの仲間で似たような扱いだ。
去年、なんとなくタラの芽にはチーズが合うと思った。どうやって合わせるか考えていたところ
友人からラビオリを作ったという話を聞いた。それだ。

パスタマシンは無いし 夜からパスタ打つのは面倒なので、買いにゆく。
乾麺のラザニアは売ってるけど、生の板状パスタなんて売っていない。
仕方がないから餃子の皮で代用しよう。どちらも小麦粉だ、似たようなもんだろう。
チーズは冷蔵庫に濃い味のペコリーノロマノがあるから それで。
ウコギもペコリーノも強い味なので、いい勝負になるだろう、かと。

材料を包みやすいように刻む。ついでにアンチョビと一緒に餃子の皮の上に適量のせる。
適当に包んで試しに1個茹でてみるとなかなか旨い。ただしラビオリというより ほぼ水餃子だ。
さらに試しで1個オリーブオイルで揚げてみたら、まず間違いなく揚げ餃子になった。
初めてのラビオリ作りのつもりだったのに。

名前はともかく これは旨し!サクっとした皮の中は とろけたチーズとほかほかのタラ・ハリギリ。
爽やかさと苦味のあるウコギに、濃厚で重たいチーズは非常に合う。
ちょっとペコリーノが多すぎたようだけど、量のバランスが合えばイイ具合に主張しあって旨い。


週末に採ってきたタラの芽とハリギリの芽。ほんの1回分。タラの芽とチーズを餃子の皮で包む。あくまでラビオリのつもり。ラビオリのつもりが、ほぼ餃子。おいしいタラ芽のとチーズの揚げラビオリ、いや餃子。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。