カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河津でアマゴとシイタケを   ,2010/03/06 (土)
河津のアマゴ

3月になると 関東近辺の多くの川では 渓流釣りが解禁になる。なったハズ。
今年も春の渓流釣り開幕戦は 南伊豆の河津川に決めた。
暖かい南伊豆では 春の訪れも早く、3月であっても渓流魚の活性が高いように思う。

春先取りの暖かさになった金曜日の続きで、今朝未明は気持ちの良いぬるさがあったけど
空が白むにつれて予報どおりの強いナライが吹いて 雨と風の冷たい朝になる。
もうすっかり咲き終わった河津桜も、これでキレイさっぱり散ってしまうだろう。
だけど 雨の降り始めの笹濁りはチャンスだ。

半年以上振りの5ft渓流ロッドを振る。思ったより体が覚えている。
この時期、ミノーのエキセントリックな動きよりは、高アピールでスローなスピナーが良いと思う。
案の状、小さな落ち込みに放り込んで巻いてきたスピナーにクンと食いついてきた。
釣れたのはヤマメなのかアマゴなのか判然としないけど、正直どっちでもいい。どっちもキレイだ。
その後も小さいヤツばかりだけど、テンポ良く釣れるので気持ちはスッキリ。

早春の雨で、渓はまだ寒々とした景色。小さいけどキレイなヤマメ。朱点が無いけどアマゴ?渓の脇の立ち枯れの木にはブリブリと沢山のキクラゲが見られる。アラゲキクラゲのはず。ほぼ間違いはないけど食うだけの自信無し。

いつもいままで渓流釣りはゲームフィッシングを愉しんで、魚は逃がしていたけど
せっかく釣り揚げたカルクウのターゲットなので、美味しく食べてみようかと。
ただ問題は釣った魚の持ち帰り。歩きの渓流釣りでは保冷用具を持ち歩くのは大変。
そこで見つけたのが塩糠。釣ったその場でさばいて塩糠をまぶしておけば、1日二日は持つという。
移動の保存性もよく、余分な水分を取るので焼きの身崩れ防止にも役立つし、味付けにもなる、と。
これが本当ならスゴイ。今回是非試してみようかと、塩1:炒り糠9を混ぜてジプロックに詰め込む。
なんとか15cm程度のを2尾釣ったので、糠まぶしにしてみた。明日家に帰って食ってみよう。

毎年恒例になりつつある自分イベント「河津の渓流解禁」の、もう一つの狙いはシイタケ収穫。
この時期、川原の腐れ木にシイタケが生えるのが収穫できるのだ。
見に行って見ると 去年と同じ木にポクポクと雨に濡れたツヤツヤのシイタケが20本ほど取れた。
他にもキクラゲを山盛り見つけた。九州豚骨ラーメンなら50人前以上の量。でも同定にまだ自身が無い。

結局本日の収穫は、朝夕合わせてアマゴ(ヤマメ?)は7尾釣って、お持ち帰りは2尾。
シイタケもあるので、思わずフィッシュ&フンギが成立した。秋の目論見が 春にもできた。
雨が強かったけど、そのお陰か他の釣り人にも会わず ゆっくり集中して釣り遊んだ。
やっぱり河津の春はイイ。


シイタケ発見。去年と同じ木に生えてる。どう見てもシイタケで合ってるはず。慣れた頃に事故は起きる。。今日一番のピンシャン。薄めのパーマークとキリッとした朱点の美しさ。

...このアマゴとシイタケを翌日食べた話

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2010/03/07
  • ..[編集]
>kさん
大抵の川には漁協があるので、そこで出している遊漁券を買って釣りをします。
1・2度の釣行なら日釣券を、何度も通うなら年券がお得です。
どこで券が買えるかは、漁協のHPで見るか、電話で聞くと良いです。
ただ、日釣券は日にち指定になるので、予め券を準備するのは面倒だと思います。
その漁協でコンビニ販売があれば とても便利です。河津も市街地のサークルKで売っています。

アマゴのきらきらの模様を見ると、ウットリしますよ。ぜひ。
  • k (#Y3SL9.eo)
  • URL
  • ,2010/03/07
  • ..[編集]
アマゴ?いいですね!
自分も一度やってみたいです
河津等の川でやるときはチケットか何か買うのでしょうか?

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。