カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハコベを食べてみる   ,2010/02/09 (火)
ハコベ、と思うものを摘んできた

駅へ向かう道端の草を見て歩く
春の七草のメンバーズが居ないかと思って。
野や田畑があれば 何処にでも生えているような種類のはずだ。

ハコベは簡単で判りやすいと友人は言っていた。
写真をしっかり見ておいたので、それっぽい草は確かにすぐ目についた。
名前が判らなくってもアチコチでよく見る草だ。コレがほんとにハコベかな?
気になったので 帰り道に摘んで持ち帰る。
図鑑と見比べて多分そうだろうと決めて、まずは食ってみることに。

サッと数秒ぐらい塩茹でしてみる。とても鮮やかな緑色になる。
食ってみたら まあ普通な感じ。青野菜の類だな、これは。
残り全て塩茹でしてみたら、茹で上がりの湯気の香りはホウレン草のそれと似ていた。
薄めのダシ汁でおひたしにして食ってみたら、なかなか悪くない。
細い身なので 味を残すためにも 湯がきは一瞬で良かったかも。


サッと湯がいて 薄い出汁で食う。
シンプルな青い味、悪くない。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。