カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏山のフキノトウで肉味噌ご飯   ,2010/02/08 (月)
裏山のフキノトウを肉味噌に

昨日の散歩で裏山に見つけておいたフキノトウを、今夜帰宅して摘む。
足の早い山菜は採らずに 生やしておいた方がいいかと思って。
玄関出てすぐ採れるって やっぱりいいなあ。

昨日摘んだセリと今夜のフキノトウが 今年最初の山菜収穫。
とは言え、未だにセリの同定に少し自身が無いので食うのは控える。
セリは山菜の初歩だろうけど、万が一のドクゼリもあるので用心に越した事はない。
気にしすぎかな?先達のご意見が欲しい。

で、今夜の食材はフキノトウ。
肉味噌とフキ味噌を合わせたフキ肉味噌にしてしまおう。
ついでにオヤツ用に買っておいたカシューナッツも入れて。
フキノトウは炒めてマイルドにして、ナッツや肉を混ぜて味に膨らみを持たせる作戦。

ひき肉を炒めて火が通ったら、みじん切りにしたフキノトウとナッツも一緒に軽く弱火で炒める。
炒まったら酒・味噌・砂糖をドドと入れて全て馴染むように掻き混ぜながら 水気を飛ばす。
適当なペースト状になったら火を止めて完成。
ご飯が炊けたところで、味噌を塗りこんで食う。ああ~旨い。
このまま焼きオニギリにしたら更に旨かろうけど、飯が切れた。
残った味噌は瓶に詰めて 煮沸消毒しておいたから、当分食えるだろう。
今年は去年より多くの山菜が採れるといいなあ。


庭に続く裏山で捕れたセリとフキノトウ。ほんとにセリかどうか未だ不明。肉を炒めて、フキノトウとナッツもサッと優しメに炒める。ご飯が炊けたところで、フキ肉味噌をのせて食う。おいしい

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。