カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬の伊豆で4連日目のボウズ   ,2010/01/03 (日)
今井浜

冬休みの釣りも4日目。連日でちょっと疲れてきた。

夜の内に 強烈な風で荒れた西伊豆から移動して、また南伊豆に戻る。
それにしてもまだ強い西風が続いている。この辺りの冬では普通なのだろうか?
東海岸は風裏なので概ね荒れて居ないけど、南向きの磯に出ればサラシは出ている。

特に収穫の無い朝マズメを終えて何人かの釣り人と話をする。
スズキか?と声を掛けてきた餌師のオッチャンは、最近ルアーで釣れてるの見ないよと言った。
地元のヒラ師は、12月の半ばでもう抜ケたと言う。「抜け」が何を意味するかよく知らないけど
要するに釣れなくなったと言うことだろう。

昼は寝て、起きたら本を読んで、飽きたら釣りポイントの磯を散歩する。
何度かこういう無駄に思える偵察のおかげで、以前よりは出れる磯が随分増えた。
一度は明るい内に磯の地形を見ておけば、次に新月の夜に来ても安心感が違う。

夕マズメはサーフでヒラメでも狙おうかと、河津の浜を見下ろすと すでに先行者2人。
せっかくだから偵察も兼ねて 隣の今井浜に入ってみる。
湘南よりも透明でキレイな波打ち際に見とれながら 膝下ぐらいまで浜に歩いて入ると
すぐ足元をハガキサイズのヒラメがピューと砂煙を立てて逃げていった。おお、居るな。
1枚目撃したし 良い雰囲気なんだけど、特にアタリはなし。
浜の反対側から来たヒラメ狙いのルアーマンは地元だと言うので、狙い処を見てチェックしておく。

結局4日間伊豆のアチコチつついて全く釣れず、アタリすら無し。他の釣り人の釣果も見なかった。
エース級のルアーを2個大破、レギュラーも3個ロスト。損害だけはしっかり出した。
散々な結果と言えばそうだけど、須崎・弓ヶ浜・松崎なんかを回って随分土地勘は得た。
来週も猪肉を買うついでに南伊豆に来るし、今回はこれにて撤収。


桜?が咲いている。いくら河津でも早すぎるのでは。磯へ降りる釣り人道の脇に、本物の獣道と糞が。たぶん猪。秋の北海道で買ったアキアジ用スプーンを試す。フラットフィッシュにいいんじゃないかと。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。