カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
満月大潮にウェーディング   ,2009/11/02 (月)
カキンとした満月の夜

夜、空気がとても澄んで 満月がまん丸に光る。
兎模様もくっきり見えるカキンとドライな月夜。今夜は満月大潮だ。
風も強くないし 明日は休みだから、こんな夜はナイトウェーディングにしよう。
今夜の22時 潮が一番引いたら 普段は渡れない磯に渡って釣りだ。

そう思って車を走らせると、風が出てきて車体が揺れる程の強風に。
着いた頃には 強い北風が辺りの物を飛ばして ガランガサガサビューと嵐の様相。
どんどん風が冷えて来て、ほとんど冬のよう。
ウェダーの下にボアの暖かいズボンを履いて、月明かりを頼りに磯へ出る。

ちょうど背中から吹く風に乗って ルアーはミオ筋に沿って遠くへ飛んで行く。
スズキがぱくりと食い易いようなイメージでゆっくり巻いて来る。
目が頼れないせいか、夜釣りのほうが手に乗ってくる感覚に敏感になる。
海藻やクラゲなんかにルアーがツンと引っ掛かってもドキンとする。

結局、もの凄く寒い夜に 寒さを忘れるような釣果は無かった。
後から聞くと この風が気象庁の言う木枯らし一号だったそうで。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。