カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バラしたけど青物は居た   ,2009/10/25 (日)
テトラ堤でワカシを揚げられなかった

起きたら4時。ギンギンに朝マズメを狙うなら寝坊だけど
どうもあまり釣果に期待が持てないので、慌てず三浦の海へ向かう。
予想外にウネリが入ってきていて サラシが結構出ている。
青物がたいして出回ってないせいか、パラつく小雨のせいか釣り人は少ない。

北風を背に受けているので、やたらルアーが飛ぶ。
そうやって遠くばかりに意識をやっていると、ほんの足下で何かが掛かった。
ルアーの回収間際の気を抜いた瞬間だったので、オっと思っている間にバレた。
20~30cmぐらいのワカシかセイゴか。軽い魚体にジギングロッドでは針に乗らない。
朝マズメを長く粘るけど アタリはこれ1回。いつだってチャンスはイキナリで1回きり。

夕方は気分を変えて西海岸へ。北風の風表になるテトラ堤防へ。
湾に入って来る魚の通過待ちという感じで キャストを続ける。
シャローを引いていたルアーにグンとアタリが来た。ワカシだ。
ゴボウ抜きして揚げたはいいけど、テトラ堤は魚を仮置きするような平地がない。
ビチビチビチと命の限り震え暴れるワカシを さてどうしようかと思っていると
針から外れてポトリとテトラの隙間の海に落ちて消えた。ウヌヌ、悔しい、、
足場が悪いところでは とにかくランディングネットに入れてしまうに限る、な。

結局もう1本バラして、今日は3バラしのボウズ。
こういう時に 釣りって難しいなと思う。
とりあえず、魚体は小さいけど青物が居るというのは判った。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。