カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
採ってきたサルナシとヤマブドウを漬けた   ,2009/10/13 (火)
サルナシとブドウのジュース

週末に採ったフルーツ達を入れたクーラーボックスを開けると
ムワっとまったり熟した甘ったる香りがプーンと来た。
熟したサルナシとヤマブドウの混ざった香りだ。

まずは味見に それぞれサッと砂糖を入れて煮て 漉して冷やしてジュースにした。
サルナシはキウイジュース、ヤマブドウはほぼウェルチみたいな味!
どちらも濃いジュースで、飲み干したらそれだけで朝ご飯になりそう。

残ったヤマブドウは全て実をひとつずつ摘んだら700g程。
広口瓶に砂糖をまぶして絡めながら詰めてみる。
一番上に砂糖をタップリふって ラップを押し込んで、最後に重石を乗せる。
これで置いておけば、「ヤマブドウの砂糖漬け」が出来るだろう。

大量にあるサルナシは、熟れ具合と傷で選り分けする。
比較的実がしっかりした傷無しのものは全部で550g
氷砂糖150gと一緒に 900mlの焼酎で漬ける。甘過ぎだったかもしれない。
これで待っていればサルナシ酒が出来るだろう。

漬け物は何度かやらないと 塩梅がわからない。
今回はテストになればいいかと。


特に洗わず 実を1つづつ摘む。ヤマブドウは酸っぱいので砂糖を加えて瓶詰めに。沢山あるサルナシから、漬け酒用に傷無しを選り分ける。サルナシの焼酎漬けと ヤマブドウの砂糖漬けを仕込んだ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。