カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南伊豆でなんとかワカシ2本釣る   ,2009/10/11 (日)
南伊豆で久しぶりにワカシを釣った

秋の良き日の3連休、2日目。
今日は魚を狙う。それも青くて大きいのがイイ。三浦で良い話は聞かないので伊豆へ。
夜の内に、富士の山から下りて そのまま南伊豆まで下ってきた。
特に情報は無いけど、とにかく南へ。なんとなく南へ。
富士吉田の夜はこごえる寒さだったのに、南伊豆の海は風がぬるい。

仮眠を早めに切り上げて、なんとか薄明の5:30には磯に立つことができた。
一等地は既にルアーマンペアに押さえられてるので、その脇に入る。
すぐにペアの一人が何かを釣り上げた。軽そうに見えたのは30cm満たないワカシだ。
これは来るなナと、シンキングペンシルで表層を探ってみる。
まだ暗いので、投げ込んだルアーが遠くて見えなかったけど、グンと反応が来た。
アッサリ簡単にフッキングしてきたのを、巻いて寄せるとやっぱりワカシ。
ああ、久しぶりにロッドに伝わるビビビ感。小さいけど嬉しい。サイズ問わず熱烈歓迎。

表層攻めでイケるなと踏んで、ルアーをファットなポッパーに交換。
今までコイツで釣った事が無いので、イマイチ使い方が判らない。
しっかり泳ぎの姿を魚に見せる感じのスピードで巻いて、軽いトゥイッチでバタつかせてみた。
何度か投げているとグン!と来た。軽いヒキ、ゴボウ抜きOKなワカシだ。
今回も遠くて食いつく瞬間は見逃した。トップウォータープラグの醍醐味なのに残念。

海から赤い玉の太陽が昇る。朝マズメの勝負はすでに始まっている。ポッパーにがっつり食ってきたワカシ。ポッパーで釣ったの初めて。南伊豆まで来るとさすがに水が澄んで美しい。


朝マズメを切り上げて、ぐったりのんびり休んでいると、
なにやらオッサン達が駐車場の脇の森で遊んでいる。アケビが採りたいけど届かないようだ。
丁度良いので高枝切りバサミでみんなのぶんを収穫した。アケビを収穫したのはコレが初めて。
オッサンに食い方や熟れ具合の見定め方を教えてもらった。
まだ少し早くて割れていないアケビの実を割って、中の種に混じった白いクリームを舐める。
まったりとコクがあって、ちょっぴり苦味があるけど南国風の豊かな甘みだ。とてもクリーミー。
明日何個か持って帰って 食い方を考えてみよう。

昼寝を終えて夕まずめに再度磯へ。
何台か釣り人の車がやってきたけど、今回は準備万端、先に磯へ降りて一等地が取れた。
ポッパーを投げ始めてすぐにカンッと軽いアタリが来た。ニョロっとした引き味ですぐにダツだとわかる。
痩せっぽちのダツなんて要らないので、潮溜まりでフックを外してリリース。ジャンプして逃げて行った。

潮はあまり動かず、手前に出ていた潮目も消え始めた。なんとなく魚の気配がない。
そう思いながら投げ続けて、ふと目線を横に広げてみると、沖100mぐらいでヘンな波発見、ナブラか!
隣のルアーマンと目が合って、アレそうだよねって呼吸で、二人とも思いっきりメタルジグを飛ばす。
届いたのかどうか、何度か投げたメタルは相手にされずに、ナブラは移動を続けてすぐに消えてしまった。
恐らく10尾以下の小さな群れだと思う。それっきり後は 波も生命反応も静かになって夕方は終了。

結局、今日の収穫はワカシ2本。とりあえずの青物だ。
フルーツで一杯になったので、急遽買い足したクーラーBOXが無駄にならずに済んだ。
明日もうひと探りして収穫を増やそう。今朝6kg級のワラサがこの近くで揚がったという話も聞いた。
なにせ収穫の秋だ、ルアーを投げた分だけチャンスはある。


木の上にあったアケビが採れた。ここでも高枝切りバサミが活躍。午後最初で最後の1本は 痩せっぱちのダツ。夕方になって海の方から糸を引いたような雲がダイナミックに広がって見とれる。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2009/10/12
  • ..[編集]
南伊豆はいいですよね。
三浦の先端も雰囲気がゆるいので好きです。
さてそろそろ時合いです、今日も狙っていきます。
  •  (#PkDNMoVI)
  • URL
  • ,2009/10/12
  • ..[編集]
南伊豆は良い場所ですよね
空気がゆるくて大好きです
自分は伊豆で釣りする時は必ず南伊豆です!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。