カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キノコの代わりにフルーツ狩りを   ,2009/10/10 (土)
森に落ちているサルナシの実

秋まっさかりの3連休の初日。
この時期はまだまだ山でキノコを狩って、海で青物が狙えるはずだ。
三日もあればキノコと魚が同時に手に入る可能性も大きい。
とは言え今年はキノコも青物もなんだか出が悪くて、ハデな収穫は聞こえて来ない。
少ないチャンスを確実にモノにしないと。

この秋の富士北部は雨が少なかったせいか、周辺の里山は特にキノコの出が悪い。
コウタケ・ムレオオフウセン・ウラベニホテイは出て居ないと聞いた。
先週になって やっとまとまって降ったので、もしかしたらドッと一気にスイッチが入るかも。
そんな淡い期待で里山のポイントを順々に巡る。
どの山も先週の台風が 枝を折り、葉を撒き散らし、弱った木を薙ぎ倒している。
見逃さないように 目を皿にして捜し歩くけどやっぱり無い。雑魚キノコもなし。

キノコが無いのは予想してたので、今日のメインイベントはヤマブドウの収穫。
手では届く高さの実は採られてしまっているけど、ほんの少し高いところに沢山残っている。
高枝切りバサミを延ばしてブドウの房を切りつまんで、足元まで下ろしてくる。
沢山ある枝を掻き分けて、3m先の目的の枝をきっちり切ってクランプするのは難しい。
巨人の体を手術しているみたい。地道にやって それなりに収穫できた。頼もしい道具だ。

高枝切りバサミが大活躍。おかげでヤマブドウが結構採れた。里山で1株だけ見つけたチャナメツムタケ。少ない。台風であらかた実が落ちたヤマボウシ。山の尾根に生えてるヤツは街より随分早い。立ち枯れで見つけたボリボリ。この台風で倒れたところだろう。


里山のキノコは諦めて、富士山腹も見にいってみる。
ちょっと走っては、ササッと森に100mぐらい入って出物が無いと諦めたら車に戻る。
何度か繰り返している内に、先週に続いて またもサルナシの実を見つけた。
今度もやっぱり高い木の上で実が生っているので、直接は手が出ない。
だけど群生地を見つけたので、沢山の実を拾えた。しかもアメリカンチェリーぐらいの大きな粒。
今までなぜか会えなくて憧れてたサルナシも、ついに確実な収穫ができるようになった。

結局、今週はキノコ狩りにきたけど、実際はフルーツ狩りになった。しかもなかなかの収穫。
フト見ると、先週の雨で富士の6合目まで雪で白くなっている。標高の高い所では紅葉も始まっている。
中盤以降の盛り上がりを見せること無く、キノコは終盤に向かっている。
来週、もう1回探ってみようかどうか悩む。


先週まで全身青かった富士山が冠雪していた。台風の時の雨だという。わずかに残ったハナイグチ。しっかり歩けばまだ見つかるようだ。サルナシが大量に収穫できた。あるところには沢山生えている。本日の収穫。キノコはごくわずか、代わりにヤマブドウとサルナシを沢山集めた。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2009/10/11
  • ..[編集]
kさん
自宅に戻ったらブログに遊びに行きますね。

サルナシは昔から日本にあるキウイの仲間だそうです。
味はほぼ同じ感じで、美味しいですよ。
かつて日本にキウイが入ってきた時に、ああサルナシの大きいヤツかと
当時はそう思った人も多かったようです。
  •  (#lfuDch/2)
  • URL
  • ,2009/10/10
  • ..[編集]
サルナシって果物は初めて聞きました
昔アケビをもいで食ってたのが懐かしいです(^ω^)

それと今更ですが、自分もブログやってますので良かったら遊びに来てください!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。