カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャナメツムタケとハナイグチをパスタで   ,2009/10/06 (火)
週末に狩ってきたチャナメツムタケ

先週末のキノコ狩りパーティがドタバタと終わって
気がつけばキッチンには 残った食材やらが沢山。
折角だから美味しい内に食ってしまおう。

キノコ達は1日野ざらしで置いたままにして、翌日冷蔵庫に入れた。
その中から美味しかったカヤタケにしようと見てみると、白い菌糸に包まれ始めてる。
これってカヤタケの菌糸なのか、やっぱりただのカビなのか。
せっかくのカヤタケだけど、状態が良く無いようなので諦める。

次の候補はチャナメツムタケ。カビては居ないけど ややドロドロ。
しかもよく見るとニョロニョロ虫達が沢山巣食っている。
これをパーティで使わなくてよかった。慣れない人は野生キノコがキライになるだろう。
まだ腐り落ちてはいないので、煮込んで出汁に使うことに。

水からチャナメツムを煮出す。アクが沢山でるから丁寧に取る。
トロリとした良い香りの汁になったら、身を漉してスープだけにする。
今回の料理に合うかと思って、鰹節で取った出汁と合わせて基本のスープにする。

ちょびっとのベーコンとタマネギみじんをバターでしっかり炒めて
そこにスライスしたハナイグチを投じて強火で炒める。
火が通ったらすぐに汁気が出て来るので、そこへ基本スープを注ぐ。
醤油と赤ワインを足してクツクツ煮詰めたらチャナメツムのパスタソース完成。

少しのオリーブ油と一緒にスパゲティに絡めて、実山椒とバジルを添えてできあがり。
なかなか旨い。ネチっと濃厚な味わい。少し和風のコクのあるキノコパスタソースだ。
そして忘れた頃にカリっと実山椒をかじって、口一杯に爽やかなシビレが広がる。
ちょっと大人な感じのキノコパスタになった。


森で拾ってきたサルナシの実。甘いキウイの味。こちらも森で摘んできた実山椒。これをパスタに添えよう。チャナメツムで出汁を取って、ハナイグチも加える。キノコのまったり濃いソースで、旨いパスタになった。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。