カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮭のつみれ汁は少し上品過ぎた   ,2009/09/29 (火)
つみれ汁

鮭のレシピ、思いつかないところに、友人につみれ汁の話を聞いた。
今夜は鮭のつみれ汁を。

昆布でスープ用の出汁を取ったら、鮭の身の団子のタネを作る。
皮を剥いた身を包丁で細かくブツ切りにして、すり鉢で叩き擦る。
おろしショウガ・卵白の他にも、よりふっくらさせるためにハンペンも加えて、する。
混ざったらすこしづつミキサーにかけると、軽いムース状のタネができた。

ムースをスプーンですくい取って、コネコネと丸めたら、暖めたスープに落とす。
全部スープに浮かべ終わったら、他の具と醤油なんかで味をつけて
最後にショウガ汁とすだちでスパイシーな鮭のつみれスープができた。

ハンペンが多過ぎたのか、出来上がった鮭ボールは思ったより鮭の個性が薄れて
とても上品なハンペンの味わいの方が勝ってしまっている。ほぼ練り物みたいだ。
もっとボソっと身や具を感じるボールの方が良かったかな。


鮭の身と色々なツナギを、すってペーストにする。ミキサーで混ぜると奇麗なピンク色のムースに。ネギも混ぜる。まさに練り物になった。もう少し荒っぽい方がいいのに。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。