カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮭の入った港を見つけた   ,2009/09/21 (月)
沢木の港で鮭の水揚げ

さけ釣りオホーツク釣行初日。
まだ暗い未明に沙留の港に着いた。去年のカラフトマスの時と同じスタート地点。
明るくなるまで少し休むにしても、寝袋に入らないと凍える。
そのまま朝マズメは少しぐうたらした。

それでも6時ぐらいから行動開始。
乗り遅れたかなと思ったけど、誰も居ない。
台風が残していったのだろうか、結構なウネリが入ってる。
海が荒れてるから釣り人が居ないのか、サケが来ていないのか。

そこから 川の河口と漁港を点々と下見しながら海沿いの道を北上していく。
途中の川を見下ろすと、川底に白い物が幾つも沈んでる。ホッチャレか。
まだ生きているサケも沢山居て、バシャバシャと暴れたりしながら ゆらりと泳いでいる。
完全にセッパリになってるヤツやら、もう死にそうなの、まだ川に来たばかりの元気なヤツ
ジャッジャと尾びれで穴を掘ったり、追い回したり。サケの遡上って初めて見た。

サルルの港は誰も居ない。東から強いウネリが入っている。下見の途中の漁港で ちょうど鮭の水揚げを見た。こんなに居るなら釣れなくはないだろう。音標川に沈んでいるホッチャレ。こうやって鮭は一生を終える、と。


音標川に来てやっと20人近い釣り人が立ちこんでいるのを見た。
次の漁港には、港の内側に沢山の釣り客が集まっている。
港の奥の船着場でズラっと椅子を並べて、すぐ目の前に浮きを垂らしている様子は
まるで釣り掘り状態だけど、そのうち5人に1人ぐらいの椅子の後ろには
ゴロリとサケが横たわっている。目の前ではまだ釣られていないサケがバシャっと跳ねる。
うーん、釣れているのはイイことだけど、なんか期待していた雰囲気と違うなあ。
どうやら最近港の中に群れが入ったようで、それで人も集まって来ている、と。

今日の夕マズメは この港から少し離れたサーフに突き出た テトラ堤に決めた。
サケが港に入ってくるコース上だと思う。
ジギングタックルで40gのアキアジスプーンを浮キ無しで遠投する。
届く範囲の沖でサケが跳ねる。時折ほんの手前でビシャシャと水を切って泳ぐ。
少し濁った水面に ユラリと黒い魚影が、逃げるでもなく追うでもなく。
こんな状態の魚が釣れるのかね?と思うけど、ポツポツ釣れている人を見る。

結局今日はボウズ。場所の下調べにはなった。
日中の陽は暖かく気持ちが良いけど、沈んだ途端にキュンと寒くなる。
浜辺に椅子を出して夜をくつろぐ。厚手のフリースにダウンジャケットを着ないと。



音標川の河口の浜で 鮭を狙う釣り人達。盛り上がってきた。乙忠部の漁港に鮭の群れが入ったようで、まるで釣堀状態。こんなんで釣れるの?目の前で鮭が釣れるのを見た。頭を叩いて絞めたら、ゴロリと置いておく。血抜きはしないのか。混んだ漁港から少し離れたテトラ堤から狙う。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。