カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庭に大根の種を蒔いた   ,2009/09/18 (金)
庭に冬野菜の種を蒔いた

近所の田んぼの稲は 毎日少しずつ緑から黄色へ
まっすぐ伸びていたのが頭を垂れ始めて、早い田では稲刈りも始まった。
田の畦には彼岸花も咲いている。
これが咲いたら秋のお彼岸、つまり秋分だ。

秋も盛り。冬野菜を植えるのはもう少し前にしておけば良かった。
夏野菜も植えるのを遅れたせいで、庭のトマトはやっと最近実が色付き始めた。
それでも何も植えないよりは 楽しみがあっていい。
多すぎるシソを引っこ抜いて耕して、種を植える事に。

用意したのは大根・春菊・ネギ。
いずれも晩秋から冬の釣果と合わせて頂きたい。間に合うかな。
ブリ大根は無理でもイナダ大根かワラサ大根なら食えるかもしれない、と。

大根の種は 数が少なかったので1粒づつ蒔いて、指で土の下にめり込ませる。
春菊とネギは細かい種が大量に入っていたので、面倒だから空中散布。
余りそうなので、庭中に適当に蒔いておいた。どれか出るだろう。
イタリアンパセリもこんな感じで上手くいったし。

そうだ春キャベツの苗を忘れた。あれは旨いからチャンスがあったら植えよう。


近所の田んぼの稲はすっかり頭を垂れている。早い所は稲刈りも始まった。田の畦に彼岸花が。そうか来週は秋分だ。遅育ちのトマトは少しずつ色付くけど、まだ緑の実が多い。大根・春菊・ネギの種を用意した。D-51大根って、、C-62人参もあるなきっと。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。