カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホウキタケのオイル漬け   ,2009/09/03 (木)
富士山で採ったホウキタケ

昨日作って一晩置いたスープを今夜食ってみると、
味が馴染んで 美味しくなってる。ズッパディフンギは旨い。
やっぱスープは2夜連続で更に旨くなるな。

先週末に狩ったキノコをあれこれ食って楽しんで、
まだあと やや大きめのホウキタケがどーんと残ってる。
嬉しい収穫だけど、正直ここ2週間毎夜キノコばかり食っていて、多少飽きが来た。
そろそろ保存を考えよう。

ホウキタケは柄が太いぶん 鮮度の持ちがいいので、6日ほど経ってるけど問題なし。
フサフサした毛先はポロリと折れ落ち易くなるけど、食いでのあるのは太い所。
スライスして幅広に取れた部分は明日用の食材にして、
残りの細かい部分を今夜はオイル漬けにしてみた。他のブログで見つけたレシピを参考に。

瓶詰めで予想できる量のオリーブ油を鍋に入れる。オリーブ油が足りないのでサラダ油も。
ニンニク1かけスライスを弱火で香り出しをしたら
茎からのイタリアンパセリ、適当な柑橘と思ってかぼすのスライス、
ローリエ、ローズマリーを入れて、ホウキタケもドサーと鍋に全部入れる。
かき混ぜて熱が通るとキノコは縮んで落ち着き、フツフツと油が煮たってきたら火を止める。
塩コショウで味付けするけど、キノコから出て来た水分にしか塩は溶けないようで
うっかり油部分ばかりで味見してると、予想以上に濃い味付けになっちゃった。

熱いうちに瓶に詰める。
あとは間欠滅菌法で熱処理してやれば、1年は問題ない。
キノコが無くなった季節になって、飽きたなどと贅沢言ってたなと思い出して食うと良いかも。


庭のイタリアンパセリ。いつもあると便利。種バラ撒きしただけで生えて来た。ホウキタケを裂く。手前は幅広にした明日のぶん。奥は今夜の分250g。香草はイタリアンパセリ茎・かぼす・ローリエ・ローズマリーホウキタケをオイル漬けにして瓶詰めした。味はまだわからない。

...このオイル漬けを9ヵ月後に開封してみた話

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。