カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江ノ島沖でサバ入れ食い   ,2009/07/11 (土)
江ノ島沖で釣れたマサバ

年に一度のカツオ祭りの日。
ひさしぶりに遊漁船に乗って 沖での釣りを。
だけど今年の黒潮は伊豆の辺りから 随分南へ蛇行しているようで
駿河湾にはカツオがあまり入って来ていないと。

仕方が無いので、相模湾のシイラ船に乗る。運が向けばカツオも出るかと。
沖に出て、潮目があると船長が船を停めて、皆一斉にルアーを投げ込む。
シイラが居着いていそうな 流木やブイや流れ藻の脇をアレコレ工夫して探るけど
どの場所でも全く反応が無い。

鳥山も見えず 南へ南へ船は走る。たまに停船したら投げる。だけど海藻しか釣れない。
一人が1本、50cmぐらいのシイラを釣ったけど、それっきり。
鰹どころかシイラも居ない。そのうち船が停まる間隔も長くなってきた。
早朝はギラギラしていた釣り人たちも なんだか諦めムード。

昼頃に船長は諦めたのか北上する。帰港するのかと思ったら江ノ島が見える所まで来た。
すでに船が十数隻ぐらい固まっている。みれば大きな群れのナブラが!
お隣の釣り人の竿が曲がったので、見てみるとサバ。
とたんに船中の皆の竿がどんどん曲がって行く。サバ爆釣の現場に来たようだ。

メタルジグに替えて投げ込んで、そのままフォールしてるとガクンと食って来た。
追い合わせを入れたら とにかく巻く。結構イイ引キ。
船にあげてみると、ビタビタビタともの凄い早さで暴れ狂うので掴みづらい。
初めてサバを釣った。すぐに喉をぶっちぎって首をサバ折にする。
いくら投げても食ってきて、けっこうバレて、そして簡単に釣れる。

カツオは会えなかったけど、今日のパーティには魚を持って行く事ができた。
だけどサバばっかり20本ぐらい。
刺身、ナメロウ、ジャガ包み揚げと色々味を替えて楽しむ。
味が濃くて凄く旨い。


全員 ナブラか鳥が出ないかと海を探る。すでに十数隻 集まっているエリアに行くと大きなナブラが。マサバ。腹が艶っぽく七色に光る。旨そう。おろしてみれば、身はとてもな赤々としてキレイ。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。