カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦の磯でボウズ   ,2009/05/23 (土)
城ヶ島の磯

昨日はちょっと強めの南風が吹いたようなので
ウナリが残っていればヒラスズキも狙えるかと
いつものように三浦に釣りへ。

着いてみればあまり風も波も残っていなくて、どちらかというと静かな海。イマイチか。
それでも昨夜は大潮だったし、少しは荒れたようで
磯の潮溜まりにはカタクチイワシが取り残されていたり
大きなウツボが打ち上げられて、猫にかじられている。
荒れた後の漂着物を探して歩くのは面白い。

未明から磯を点々としてルアーを投げるも 何も反応なし。
朝が来るとモワーと重たく暖かい霧に包まれて、梅雨の晴れ日のよう。
晴れた昼間は 風は心地いいけど釣れる感じではないので ぐうたらする。
夕方になって遠くからの低いウナリが入ってきて少しはサラシが出てきたので
暗くなるまで磯で粘るけど やっぱり何もない。
ベイトも鳥も居ない。

釣具屋に聞くと先々週ぐらいに剣崎でイワシの群れが回ってきたようで
スズキがメタルジグなんかでボンスカ釣れたと言う。
確かに先々週はその付近で釣れたけど、その関係だったのかも。
とにかく、漂着物とカニ以外は特に出物はなし。
このまま明日は西湘に行こう。


潮溜まりに取り残されたカタクチイワシ。沢山いれば捕るのだけれど。アカテガニ? 今年は夏の夜の産卵を見てやろう。打ち上げられたウツボ? 磯に住み込みの猫が旨そうにかじる。タープを張って昼寝。投げたら寝る、寝たら投げる。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。