カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隣りでサクラマスが釣れるのを見た   ,2009/05/04 (月)
最上川に立ちこんでサクラマスを狙う

山形の釣り三日目。
今日も最上川でサクラマスを狙う。
朝マズメが勝負だと聞いたので、今日は4時に起きて川へ向かう。
昨日チェックしておいた川原から、水の中に立ちこむポイントでやってみる。

本流の釣りはあまり知らないので、先行していた釣り人に色々と聞く。
地元の釣人と、その後輩ルーキーの二人が教えてくれた。
勝負はやはり朝マズメ。だけれど今年は数が少ないと。
先行者より上流側から入って、同じペースで下流へ移動するのがマナーだと。

流れが蛇行した川のインコース側にできた川原から、水に入って
徐々に深く、流れが速い流芯の方へ立ちこんで、ルアーを投げる。
実際やってみると、5人程が30mぐらいの距離を保って、
投げてはたまに下流へ少しずつ移動してゆく。

ただひたすら 黙々と投げ続けていると、隣でバシャリと跳ねる音がした。
見ればルーキーがヒットしている。バシャバシャと見えた銀黒のボディはサクラだ。
やっぱり居るのか、サクラマス。 羨ましい。
そうとなれば俄然、モチベーションがあがる。反対隣の釣り人もキャスト音が強くなった。
だけれど全員昼までやって、結局この1本。貴重な1本。

せっかくなので釣れたサクラマスを近くで見せてもらった。
写真では何度も見たので知ってはいるけど、現物は初めて見た。
あのキュートなヤマメが、こんなにイカメしく逞しくなるとは。
釣れたサクラを触ると、次に釣れるというジンクスがあると言って触らせてくれた。

昼寝の後に夕マズメもやるけど 何もなし。
ほぼ半日キャストし続けて手首の間接が痛い。
まだ冷たい川の水に 下っ腹まで長時間浸かっていたのでお腹が冷えた。
修理したハズのウェダーはアチコチから漏れてきて冷たい。
だけど明日もやろう。きっと釣る。


等間隔で釣り人がひしめき合う。隣のルーキーが釣ったサクラマス65cm。羨ましい。修理したハズなのにウェダーが浸水する。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。