カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酢飯を作ってみる   ,2009/04/30 (木)
酢飯を作ってみた

酢飯を作ってみた。
寿司が作れると、釣った魚を美味しく食べる方法が1つ増える。

買ってきたトラウトサーモンの身は 塩をまぶして30分置くと水分が出てきた。
それを酢で洗い流して、砂糖をたっぷり入れた酢で、酢飯ができるまで漬け込む。
塩と酢でしめると、身の表面がギュッとしまった感じになった。

寿司酢は、酢・砂糖・塩を混ぜて作る。
酢に較べて砂糖がかなり多いと感じる。なかなか溶けない。
米が炊けたら、飯台は無いのでバットに広げて すかさず寿司酢をかける。
シャモジで切るように混ぜると言うけど、確かに酢が混ざって切り易い。
ササッと混ぜたら、ウチワが無いので扇子で一気に酢を飛ばす。

ちょっとベシャっとしか感じだけど、それなりに酢飯になった。
結構甘さが強く感じるシャリ。砂糖が多かったか。
少し置いたら味が落ち着くのかもしれない。

ネタとシャリができたので にぎってみた。
なんだかネタよりシャリが主張する握り寿司。バランスが大事だ。
でも普通に美味しい。何度かやればもう少し美味しくなりそう。


トラウトの身を塩と酢でしめる。初めてにぎってみた。まあそれなり。

レシピ
・寿司酢(2合ぶん)=酢90ml、砂糖60g、塩20
・米はほんの少し水少なめに炊く

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。