カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鱸と蓬でフィッシュ&チップス   ,2009/03/24 (火)
鱸のフィッシュ&チップス、よもぎソース

週末に釣ったスズキを食う。
40cmのセイゴだけど、これぐらいが一番さばきやすい。
状態も良く、切り身はとても旨そう。
週末に釣ったスズキをさばく。状態は良し。切り身がうまそう。

さて、料理。
ついでに採ったヨモギもまだ残っているので これを使う。
ニンニクと、文旦の皮、オリーブオイルとワインに塩コショウ。
ミキサーにかけると奇麗な緑色のソースになった。
ピリっとスパイシーだけどコクが足りないので、アンチョビも。

スズキは塩コショウして小麦粉をまぶして、オイルで揚げる。
冷蔵庫には野菜が何も無かったので、ジャガイモのスライスを揚げる。
これは、フィッシュ&チップスだな。
ヨモギ味のディップソースを添えて出来上がり。

フワフワのスズキの身に、カリッとした衣が旨い。
ピリッと効いたソースが爽やかで、なかなか合ってる。
適当に作った割には旨いソースになった。
まだ半身あるので 次は何にしよう。


ヨモギ、文旦の皮、ニンニクでソースを作る。味をみながら足していく。コクを出すためにアンチョビも一切れ。旨い。スズキのフライにピリッとしたソースが合う。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • まるてる(管理人) (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2009/03/25
  • ..[編集]
>salahi さん
以前、ギリシアの復活祭の話をNHKで見たことがあります。
血の通ったものを食べない断食期間に、トマトソースで蛸を料理して旨そうに食べてました。
地中海の人も魚介を美味しく食べますよね。
今回のソースはアイオリソースをヒントにしてみました。
文旦はレモン、ヨモギはエストラゴンと思えば 似た物があるかも、と思いました。
こんにちは。前にも一度コメントさせて頂いた者です。
今日の我が家のメニューと似てて、つい反応してしまいました。私が住んでるギリシャでは、3月25日(受胎告知と独立記念日が重なってます)は塩鱈を揚げたものとニンニクのディップを食べるんですよ。
よもぎソース美味しそうですね!文旦の皮入りというのが面白いです。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。