カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セイゴとヨモギ   ,2009/03/22 (日)
本日の釣果、セイゴ

今日は南風が入ってくるという予報だったので
夜明け前からスズキを狙いに行こうと思ったけど、寝坊した。
雨が降り出してきたけど 夕方からスタート。

車が煽られるように強い風が吹き、低い雲が垂れ込めている。
16時前に城ヶ島に着くと、観光客も車もいつもより少ない。
思った程 波は高くないので、磯の先端に立てる場所がいくつかあったけど
風は鋭く強烈で、日暮れ頃にはまっすぐ立てなくなった。
ブンブン飛んでくれる重たいルアーが 木の葉のようにヒラリと落ちる。

場所を点々と替えて 他の磯や 風裏の港なんかも当ってみるけど
特にアタリもなし。
途中、海岸の近くの草地にヨモギが生えていたので刈り採る。
こちらは暖かいのか、結構大きくなっている。
これでヨモギ餅が食える。ボウズよりは良いかと。

午前中によく寝たので しつこく粘る。
いつもなら大潮の干潮にしか渡らない磯へ行ってみる。
あまりゆっくりしてると潮が満ちて帰れなくなりそうなので
そわそわしながら投げた3投目に来た!軽いヒキ。
なかなかギラリとしたセイゴだ。旨そうなので頂き。

サイズはともかく、スズキを釣った。
今夜の収穫はセイゴとヨモギ。十分。


風は強く雲が重たそう。ワクワクする。南風がとても強いけど、波はそこそこ。海岸近くの草むらでヨモギを採る。三浦の先端は暖かい。ギラギラのボディ。旨そうなので食おう。

...このスズキをヨモギソースで食った話
...このヨモギで餅を作った話
...このヨモギでよもぎ湯にした話

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。