カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春一番で大荒れの磯   ,2009/02/14 (土)
春一番の大荒れ

三浦へ釣りに行く道中、海に近付く程に風は強さを増して 車は蛇行する。
南風が吹いて海が荒れればヒラスズキが釣れると思うのだけれど
今日の風は春一番。並みじゃない。
磯では3階建てぐらいの波しぶきが立って 海水が雨嵐のように叩きつける。
時折 よろめくぐらいの突風もくるので さすがに一投もできない。

陽が昇り始めて風が落ち着いたところで 磯に戻って朝マズメの釣りをスタート。
風は去ったけど 大うなりは相変わらず凄まじい。
荒れた磯も 長いロッドも慣れてきて、思い通りに気持ちよくルアーを投げるけど
肝心のスズキは一向に来ない。

夕方、一ヵ所で粘っていると 隣りの釣人が1本スズキを揚げた。
いない訳じゃないのは解ったけど コチラは何も来ない。
またボウズか。まるで修行のようだ。


磯は厳しすぎるので浜へ。こちらも海藻だらけで投げにくい。大波が次々ときて一面のサラシ。写真だとまるで雪みたい。昼はビールを飲んで休憩。みやげもの屋で買ったゲソとトンビ焼き。いつもの場所には先行者が居た。釣れたのだろうか。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。