カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラインが切れてバラした   ,2009/01/01 (木)
通いの磯、通の岩

今日で南紀ヒラスズキの釣り3日目。
ちょっと疲れて来たのか朝がだるい。朝マズメは行くのを止めてテントで寝る。
風の音を聴き 日差しを受けたテントの中はとても暖かくて気持ちいい。

釣り場はキャンプ場から車で2分。
テントを離れるので高価な道具は全部車に詰め込んで出かける。
目指す磯は50mぐらいの崖下にあるので、行き帰りの坂が意外に堪える。
1回の出撃でアレコレ手間が多い。

半日寝たので元気を回復して夕マズメに出撃。
昨日隣りの釣人が釣れていた岩に登る。
ゴロゴロと沢山の岩があって投げるのは1コースしかない。
マズメタイムになっても さすがに今日は誰も来ない。

ヘッドライトを忘れたので、真っ暗にならない内に撤収しないと。
日が水平線の雲に落ちて真っ赤になった頃、風と波が強くなって来た。
ラスト10分、サラシに投げ続けてるとゴクンと来た!
遂に来た!引キの重さからすると40cm以下だろう。
一応追い合わせを入れるとプツとラインがきれた。
ぐぬー、くやしい!だけど今日はここまで。

3日目にして初ヒットは嬉しいけどバレたのでは仕方ない。
ついでにエースのルアーも失って装備が厳しくなってきた。
ラインは磯に擦れて傷がついた所が切れたのだろう。
何かと磯ヒラ釣は厳しく難しい。だけど絶対釣ってやる。寝る。


...翌日、4日目の話

磯に降りる前の波風チェック。悪く無い。ラスコーの壁画「釣り人」

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。