カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南風の嵐でスズキの入れ食い   ,2008/12/21 (日)
入れ食いのスズキ

最近、土日のお休みを釣りと山の2つで遊んできた。
昨日は釣りだったので、今日は山の予定だったけど、今日は違う。
南風が強く吹くようだ。
そうなるといつも行く三浦の先端は荒れて 大物が釣れる。

昨日の釣りで城ヶ島に来てからそのまま車で寝て朝のチャンスタイムを待つ。
朝3時に磯に出撃すると、昨日と違って南風が強くて荒れている。
月夜に照らされて大きな白波の立つのが見えて おっかない。
おっかないけど 風の表になる磯に立つと足下をすくうような波をかぶる。

怖いしルアーは飛ばないけど風に向かって投げ続ける。
そのまま朝マズメを迎えて何もない。ラインもグチャグチャに絡まって気持ちが折れそう。
それでもしつこく投げているとガブリ!という感じのアタリが来た!
だけどハズれた。朝はこれだけ。サラシの中からスズキの頭は見えた。チクショウ。

海のルアーは基本的に夜にやるものだと思ってたけど、
もの凄く風が強く、そして潮が動き始めている。きっと釣れるハズだ。
二日も投げ続けて肩が重いけど、14時頃から午後の部スタート。
磯に向かう途中の浜で観光客がなにやら拾い集めている。
見ると浜には小魚が一面に打ち上がっている。カタクチイワシだ!
荒れて追われて打ち上がったのか。となればこれはスズキが寄せているハズだ。

朝と同じ磯に立って投げ続けると、ほんの手前でドン!と来た。
背中に背負ったランディングネットが風に煽られて なかなか巧く振り出せない。
それでも穫ったら70cmのマルスズキ。よーし。
1本穫って、クーラーボックスに入れたら心の余裕が出て来た。
島の裏側は外海を向いた広い磯なので、アチコチ攻めてみよう。

南風の嵐で磯は白波とサラシで釣れそう。でも波が怖い。出た! なかなかファットな70cm浜にはカタクチが打ち上げられる。観光客が喜んで集める。バケツいっぱいぐらいのカタクチは良いお土産。アンチョビにしようかな。

夜とは違って明るいので足場の確認は十分だけど、なにせ高波が恐ろしい。
高磯にぶつかってドッパーンと上がるしぶきは10mぐらいになる所もある。
全身防水スタイルの頭の上からバシャーと重たい潮シャワーを食らう。
風は時に20mぐらいになってるような強い風。
周囲はヤル気とスキルのあるスズキ狙いの釣り人が数人。
こんな嵐で遊べるのは彼らぐらいだ。

磯のポイントを点々と投げては移動を繰り返しているところで来た!
グン!グン!と引くし走るし、ドバーと首を振って海面に躍り出る。よっしゃ
手前まで寄せるけど、足下は滑るし風は強く波をかぶって転んだ。
危ない。非常に危ない。ついでに逃がしてしまった。取り込みが難しいな。

その後もいい場所が見つかって、ワンキャスト&数ヒットの入れ食い状態。
ルアーを投げて着水したらバクンと食ってくる。バレてもバレても食ってくる。
これは相当カタクチフィーバーにスイッチが入ってるな。
10本ぐらい揚がったけど、全部50cmぐらいのマルスズキ。
まだ釣れそうだけど 心は満腹したので明るい内に終了。
粘って二日使った甲斐があった。


午後も大荒れ、風表の高磯には高波がドッパーン。夕方に50cmマルスズキが爆釣。みんな元気に食ってくる。スズキを差し上げた友人宅で夕飯を頂く。ついでにスズキとカタクチも食う。旨い。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • Padawan (#wGGVWM82)
  • URL
  • ,2008/12/22
  • ..[編集]
写真で「さらし」という状態が良く分かりました。いただいたイワシおいしかったです。残りはアンチョビにするため塩付けにしました。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。