カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漬けたブラックベリー酒は甘すぎた   ,2008/11/20 (木)
赤く色っぽいベリー酒

去年、庭のフェンスが寂しかったので植えてみたブラックベリーは
恐ろしいぐらいメキメキと太く伸びて、今年の夏に黒い実をつけた。
1年目の収穫は全部でザル一杯にもならなかったけど 焼酎で漬けてみた。
4ヶ月経ったので そろそろ味見してみよう。

漬け始めてから徐々に実の色が溶け出して
2週間ぐらいで すでに濃い紫色になっていたと思う。
それから特に目立った変化もなく、常温でキッチンの棚に置いたままにした。

フタを開けると、ツンと焼酎の香りがして ほんのり甘酸っぱくもある。
グラスに注いでみる。すごくキレイで色っぽい赤だ。
飲んでみると、ムッとする甘いフルーツのお酒になっている。
おお、それなり それなり。

ただし、ベリーのエキスがうまく出たようだけど、ちょっと甘すぎたかな。
梅酒のように酸味が強ければ良いのだけれど、それ程でもない。
試しにソーダで割ってみると、大人のファンタって感じになった。
この手のものは酸味と甘みのバランスが肝なんだな。
甘党の客が来たときに出す酒にしよう。


実の黒紫色は抜けて全部酒の色になっている美しく色っぽい赤。ちょっと甘すぎた。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。