カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鯛ラバでイトヨリ   ,2015/02/28 (土)
最近ボートで沖に出るのがとても楽しい。今週末もいざ伊豆へ。
気持ちとは裏腹に、風とウネリで予定していたボート屋はお休み。
仕方がないので別の場所でボートに乗る。

全く土地勘というか海勘がないので、どこがポイントなのやら。
ボート屋の親父さんが指示してくれた場所まで漕いでみるけどココで良いのかどうか
とにかく釣り始めるけれど、数時間なんともさっぱり反応がない。
餌にも何も食いついて来ないってのはとても寂しい。

粘って無反応ならコチラから動くしかない。
降ろしていたアンカーを回収して、舟を風に流してルアーで探る。
鯛ラバに切り替えて巻いているとムモムモっとした抵抗を感じた。こりゃ来るな。
難しい事は考えず、静かに海底を楽しむように落としては巻きを繰り返してみると
ゴゴンと来た!なんだろう?!



揚がってきたのはイトヨリ。釣ったのは初めて。
艶やかなピンクの肌に恐ろしくビビッドな蛍光黄色のライン、
何より素晴しいのは背ビレや鱗に見えるしっとりした青色の反射。
いやはや、美人さんだなあ。

渋い状況ながら、その後もポツポツとアタリを拾う。
方や同乗の友人のルアーには、一発謎の大物がラインを切ったきり音沙汰がない。
同じ鯛ラバでもこちらはタングステン。高密度で小さいシルエットが効いたのかも。

結局、朝から夕までやってイトヨリ4尾。
地味な釣果だけれど、鯛ラバの釣りがまたホンの少しだけ分かった気がする。





ウェイトにタングステンを使った鯛ラバ「ビンビン玉」

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • Ike (#-)
  • URL
  • ,2015/03/17
  • ..[編集]
これは高級魚を釣りましたね。
まずは魚やお店ではお目にかかれません。
うんまいらしいです。
料理をアップするのを楽しみにしてます。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。