カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒曜石をみつけた   ,2015/01/12 (月)
黒曜石。
石器時代に刃として使っていた素材。
歴史の教科書で見知ってはいるけど、実物は見たことも触ったこともない。
カチンと石を打って刃物にするなんて、どんな感じだろうか?
どうやら伊豆でも産出するそうなので探してみようかなと。



伊豆方面で採れるのは確かだが、そこから先の詳細な場所はわからない。
掻き集めた断片情報をつないで、ザックリこの辺だろうとアタリをつけた。
後は歩いて探すしかないが、山の探索ならキノコで多少は慣れてる。
鉱物探しの旬は冬。下草の枯れ落ちた今こそチャンス。

作戦は決まったので、やることと言えば石を探して歩くだけ。
とは言え一番肝心な「どんなモノを探せばよいのか」ってのが少しあやふやだ。
ゴロッと落ちてる?もしや埋まってて掘るの? 巨石なのか、小石なのか?
そもそも加工前の原石は全然イメージと違うかもしれない。


ハンター達の装備を参考にスパイク足袋を試す

あっさりズリや露頭を見つけちゃえばイイナ~なんて気軽に考えながら
ただただ歩き、落ちている石を拾っては投げ 拾っては投げを繰り返してみたが
先週に1日歩いて全くヒントなし。今週もまた歩き回るだけかもしれない。
まあでも、冷たい空気とカシャカシャ落ち葉の立てる音が冬らしくて気持ちイイ。

少しばかり石がゴロゴロ集まる箇所が見えたのでそちらに向かうと
5m手前からピカっとひと筋の黒い輝きが目に飛び込んだ。
それまで拾ってきた石とは絶対的に異なる、見てすぐわかるキラメキ。
出た!まさに黒曜石だ。やっと見つけた。



ギッシリ密度がありそうだけれど、全体的にはくすんだ感じの黒石。
一部分だけカリっと剥がれ落ちて、その部分だけ異様な黒光りを放っている。
この艶かしいツヤツヤ面がなければ、それと気がつかなかっただろう。
よくみると異物混入が多いので品質はイマイチなようだが、初めてにしちゃ上出来。
もしかしたら古代人もこの石を手に取ったかもしれない、なんて想像が楽しめる。

早速割ってみたい衝動に駆られたが、まずは持ち帰ろう。
他にもないかと周囲を探しまわって、細々ながら点々と見つかる。
鉱脈でも見つけた気分。サイズと輝きがそれなりのモノを5つばかり収集できた。
後でゆっくり割ってみよう。



欠けてる部分のキラメキはまさに黒曜石


茶色い粒々が混じってるのが残念


続いて輝く鉱物発見!と思ったらただの氷


夜のヤリイカは不発なれど昼の石探しで大当たり

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2015/02/14
  • ..[編集]
>まったか。さん
1個 試し割りしてみましたが、中まで混ざりモノたっぷりでした。
もっとピュアブラックなヤツを見つけたいところです。
とは言え割る練習台にはなりそうなので、
今度簡単なナイフを作ってみようかと。
  • まったか。 (#-)
  • URL
  • ,2015/02/13
  • ..[編集]
へー、すごいなぁ(驚)何かこうワクワクする色味ですねー、割った結果楽しみにしてます!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。