カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鴨の羽をむしる   ,2014/12/17 (水)


親の時代には家庭で鶏をつぶして食べるのは普通だったと聞く。
魚やキノコと同じく、鳥や獣も自分で獲って食べてみたいものだ。
なんて興味はあれども何処から手を出したものやら。素人からは随分遠く感じる。
そんな折、釣り友から「鴨の処理のお手伝い」のお誘いをもらった。
チャンスを探していたのでこれ幸い。

さっそく現場に行って見ると、ズラリと何十も並んだ鴨。
網で捕獲したそうで、首を切って血抜きがされてある。魚と同じだな。
半分はオスらしく首がメタリックグリーンに輝く。これがアオクビってやつだろう。
翼の一部には これまた美しいメタリックブルーの差し色羽。
手に取ってじっくり見るのは初めて。なんとも繊細で美しくて見とれてしまう。




フライ巻けるようになりたくなった


で、早速作業に。やることは「羽むしり」
ハンターさん達に簡単に手順を教えてもらい、見てマネする。
翼の風切り羽はしっかり固定されていて、強く引っ張らないと抜けないが、
ボディを覆う羽毛は束で掴んでも引っ張ると、あまり抵抗無くボソっと抜ける。
こんなに抜け易いとは!天敵に捕まった場合の逃げやすさの面もあるとか。

羽をむしる作業をしながらじっくり観察してみる。
興味深いのは部位によって羽の形が様々だということ。
魚で言えばボディの羽毛はウロコで、風切り羽はヒレと思えば近いか。
特に翼の羽は細く尖ったものや広くシッカリしたもの、それぞれ機能が違うのだろう。
魚のヒレの形を見て、泳ぎと動きをなんとなく想像するのが楽しいように、
きっと鳥の羽もじっくり観察すれば色んな飛び方が想像できるのかもしれない。


ダウンがめっちゃ暖かい


鳥のお尻ってこうなってるのかと。


どんどん作業はすすむ


羽根の先を切り落とし、食道に詰まった呼び餌の米を抜き、手で毛をむしったら、
残ったシブとい毛をバーナーで焼き落として、脚と首を落とせば完了。
それら全てに細かくコツと配慮があるようだけれど、そこまでは望めない。
不慣れな作業に四苦八苦して、1羽むしるのに30分以上掛かってたような。
とりあえず形にするところまでは何とかできた。
あとは友人が真空パックにして冷凍するまでが今日のお仕事。

結局10羽もむしることができなかったが、作業のお礼に2羽の鴨をもらった。
わずかな手伝いの割りに貰い過ぎだろうけど、ご厚意をありがたく頂く。
とりあえず持ち帰り冷凍保管するとして、調理するときは内蔵どうするのかな?
凍らせれば内蔵は固まってるのでコロリと抜き易いとは聞いたけど、さて。
まあやってみれば少しはわかるだろう。


解体料理編に続く→Now writing..


抜けきれない細かい羽をバーナーで焼く


真空パックの装置欲しくなった。


本日の報酬、というよりハンターさんからのプレゼント


さてこの2羽をどうやって食うか楽しみ

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2015/02/11
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
こういうの触るのダメな人はダメみたいですねw
友人も苦手みたいで、おそるおそる触ってました(^ ^;)
一部で筆毛が面倒なのも居ましたが、
今回のは状態が良かったのか、アッサリできた印象です。
今なら鶏1匹もらってもなんとかできそう、な気がします。
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2015/02/11
  • ..[編集]
いーすねー鴨
良いお友達をお持ちで羨ましい♪

以前知り合いが初めて鴨の羽根むしりを怖々手伝ってる最中に、胸ポケットに忍ばせていたケータイがブルブルッとなり、ブッタマゲテ腰抜かしたそうです(ワハハー)
鴨、上手に捌かないと、全身古いレバーみたいになっちゃうんですよね♪

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。