カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚がダメならヤマイモを掘る   ,2014/11/26 (水)


どうも今年の秋は青物との出会いが少ない。
夜から磯で頑張ってみるも期待したイカは逃し、青物はまったく気配なし。
磯を撤収して帰り支度に、釣り友とおしゃべりの中で
ひょんなことからヤマイモを掘りに行こうという事になった。
手持ちの道具はスコップと鎌ぐらいだけど、まあちょっと掘ってみようかと。

他の目的で歩いてるとヤマイモはアチコチで見かけるけれど、
いざ掘るぞとなったら、思った以上に見つからなくて少なく感じる。
あるにはあるけど、ムカゴぐらいの小さな芋だったり、地面が固過ぎたり。
今日はお試しなのでこれぐらいで十分かな。

来た道を戻る途中でフト、高い木々の枝葉の間にヤマイモの葉が見えた。
あれだけ高く伸びてるし葉も大きい。こりゃまともなサイズのヤマイモだな。
目と指でツルを辿って根の位置を特定すると、明らかに根が太い。
ある程度掘ってみるとゴボウのような本体が出てきたので、更に掘り進める。



掘れば掘るほどドンドン根が太ってくるので、大きさの見当がつかなくなる。
穴が深くなるにつれ、手持ちスコップでは作業がしにくいし、木の根が邪魔をする。
横方向にも穴を広げつつ、作業を妨げる根っこを鎌で叩き切る。
出てきた残土はボタ山のように高くなるので、さらに後方へと広く開拓する。
友人と二人で深堀りと拡張工事を交代しながら、どんどん露天掘りを広げてゆく

1m近く掘ってようやく底が見えてきた。
あらわになった芋を傷つけず丁寧に、遺跡発掘みたいに削るように掘る。
土まみれ汗まみれで掘り出しに成功した芋はなんとも美しく見える。
えもいわれぬ達成感。なるほどイモ掘り好きの気持ちが少しわかった。



グネグネ曲がった奥は太く枝分かれ


乾燥させたら接着剤にできそうな粘り。


ダシで溶いてご飯にドバー。シンプルに旨い。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2015/03/16
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
掘ってる間にアチコチにぐさぐさと切ってしまいました。
まあ結果食えればOKなのですが。
できたら縦に広がらず、塊みたいになって欲しいです(^_^;)
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2015/03/15
  • ..[編集]
掘り進むうち、誤って芋に傷を入れしまった時の、芳醇な芋の香り
自ら苦労して掘った芋でこさえるとろろご飯、最高っすよね♪

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。