カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々のアオリイカ1杯   ,2014/11/15 (土)


いつものように夕マズメの伊豆磯へ急ぐ途中の道すがら、偶然釣り友に会う。
聞けばイカ狙いとのこと。なるほど狙ってみる価値はありそう。
今年は春からずっとイカは不漁という印象だったけど、
先週あたりポツポツ出始めてるなんて話も聞いたところだし。
いくつか情報を交わして、それぞれ狙いの海へと向かう。

青物狙いのタックルに加えて、イカ用の道具も持って磯へ。
トップ、シンペン、ジグと色々探ってはみたけど、動きも気配も感じない。
まだ夕焼けが残る内に早々に青物は諦めて、アオリ狙いのエギングにチェンジ。
よく来る磯だけれどエギを投じるのは初めての場所なので、まずは底の調査を。
どうやら引っ掛かる海草や岩は無いので、エギを海底までしっかり送り込んで
デローンと底に寝かせてズルズルモゾモゾ・ピョンって感じのイメージで動かす。

そうやって海底探査してると、突然ゴゴンっとひったくるアタリが来た!
いや!? この鋭いアタリはイカというより魚?根魚でもヒットしたのかな?
巻いてみると大人しくついて来て、突然グイ~ンと抵抗する。この引きはイカか
海面に出たところをライト当ててみればアオリイカ。やっぱりイカだったのか。
前回新調したロッドはとても繊細なので、イカのアタリが大きくクリアに感じる。



海面まで来たイカの大きさと針掛かりを確認して、問題なさそうなので抜きあげる。
久しぶりに会えたアオリイカがメチャ嬉しい。サイズは食べ頃の500g
アオリイカの収穫で一番大事にしたいのは鮮度と墨の残量。
優しくそれでいて速やかに揚げないと、せっかくのイカ墨をブシュっと吐かれちゃう。
陸揚げ時は特に慎重にフンワリ着地させて即座に〆る。今回はたぶん上手くいった。
今週末の釣りの収穫は早くもこれで及第点。

後に続けと2時間ばかり投げ続けてみるけれど、2匹目はまったくなし。
夕方チョイ釣りのつもりで薄着で来たので、寒さに耐えられず撤収。
どこか別の場所で打っていた手錬の友人も1人1杯ずつだったと聞いた。
かなりラッキーな収穫だったのだろう。

気持ちの余裕ができたので、海に山に気になるポイントをいくつか探索へ。
歩き回ってバテバテでさあ帰ろうって時に、帰り道は渋滞で糞詰まりしている。
帰路を急いでも疲れるだけなので、ちょいと休憩がてら漁港でカマスでもツツこう。
道すがらの静かな漁港に寄ってみれば、驚くほどギッシリと小魚が居る。



アチコチでナブラが立ち、遠くでバッシャーンとライズも聴こえる。
これはチャンスかとミノーを投げてみるけれど、これと言ってアタリはなし。
投げたルアーやラインに小魚が次々当たるぐらいの高密度。
ためしに目の細かいタモで掬ってみたら、かなり簡単に小魚がどっさり掬えた。
これはトウゴロウだろうか? 気になるのでお持ち帰り。
アンチョビの替わりになればいいけれど。



クロサギ?波打ち際でカニか何かを食ってる


そろそろヤマイモ掘る季節なのかな


海岸のゴロタにツル植物。塩は平気なのか


エギをかじられた。前アタリに気づけてなかった?


妖しく光るような蛍光緑の点々模様が美しい

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。