カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カメノテを獲ってみた   ,2014/11/09 (日)


ウロコ雲を眺めながら、いつものように伊豆へ向かう。
風荒れした夕方の磯でスズキを狙うも反応なし。
朝マズメは場所を変えてみると、なにやらボイルしているけれど
距離が遠くて届かない。これといってアタリもなく平和な海に。
どうも魚は獲れそうにないので今日はカメノテを収穫してみた。

今までも気になっていて、何度かモイだことはあるけれど、
ブチっと千切れた硬い爪のような物体は一体何処を食うやら。中を開けるのか?
なんだかよく分からないので、それっきり。
それが最近、友人からスペインはガリシア地方でも食うのだよと聞いた。
地元伊豆の友人も食べるというし、美味しいとも聞いた。
そういうリアリティが増すと、俄然旨そうな気がしてきた。

ちゃんと採ってみよう。今回は色々下調べと道具を準備しておいた。
磯の波打ち際付近なら大抵生えてるけど、大きさは色々。
大きいヤツってのは波をかぶる狭い割れ目にたくさん生えてる。
金属の棒でグリグリほぐすようにするけどこれがなかなか難しい。
強引にやると硬い先端だけが切れちゃうので、根っこを掘り起こすようにグリグリ。
するとボロリと爬虫類の腕みたいなのが取れた!これがカメノテの全体か。



枝分かれしたように生えてる感じは、まるで植物のようだけれど
引っこ抜いた後、腕の部分の筋肉がキュッと締まるのを感じる。なるほど動物だ。
フジツボやカメノテは甲殻類の一種というから驚き。幼生時代もあるという。
幼生は漂って仲間の居る場所に集まり着定するため束になるのだとか。
といっても、やっぱりイメージにある甲殻類とは随分遠いなあ。

見慣れてないせいか、まだ食材を獲ったという気分が沸いてこない。
とにかく持って帰って、食ってみよう。



いい風とサラシはあるが、ここはベイトッけがない


漁港に漂う仔イカは小さい。肉団子サイズ。


AT-ATサンドウォーカー、通称トゲナナフシ


ツワブキの花。ツルピカの緑とビビッドな黄色が鮮烈

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/11/16
  • ..[編集]
>じゅんさん
食ってみましたが、本当エビカニ類だってのがよくわかりました。
さすがエビカニの仲間とあっては塩茹でが良いですね。
フジツボはさらに収穫ハードそうですね。
タガネとハンマーみあればなんとかなりそうですが。
  • じゅん (#-)
  • URL
  • ,2014/11/15
  • ..[編集]
カメノテおいしいですよ
私は塩ゆでか味噌汁にして食べます
フジツボと一緒に味噌汁にすると、磯の香り満載の味噌汁が出来ますよ
是非

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。