カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シイの実が予想以上に美味   ,2014/11/07 (金)


シイの実を食ってみる。
一度味見してみた事はあるけど、コレといって美味かった思い出はなし。
それも随分昔の話なので、もしかして今なら美味しく頂けるかもしれない。
ヒトの味覚ってのは経験と共に豊かになっていくらしいので。

で、まずは簡単電子レンジで食べる方法をトライ。
サッと水洗いして紙封筒に入れて600wで2分。途中でボンッ!と炸裂音がする。
3割ほどは外皮にヒビが入っていたけど、破裂ってほどではなかった。
いずれにしても殻は固いのでペンチ割る作業は必要になる。
栗みたいに面倒臭い上に、銀杏みたいに小さいから かなり大変。

苦労して取り出した実を1つパクっと食べてみる。
パンチは弱いが確かにナッツ類の味がする。塩を利かせると良さそう。
味よりも問題なのは硬さ。どうやら火がしっかり通ると物凄く硬くなるようで、
モノによっては歯で噛み砕くとガキっと音がするぐらいに硬い。これはキツイ。
剥き方と火の通し具合が大事だってコトはわかった。


レンジで破裂したシイ。実は硬くなる。


なんとなく性質と扱いがわかったので、お次は丁寧に。
まずは冷蔵で数日寝かせてみた。栗と同類なら甘さが増すだろう。
それを今度は蒸してみた。なんとなくで3分ほど鍋の中で蒸す。
するとカチカチだった外皮は柔らかく剥きやすくなった。栗と一緒だな。

10個ほど中の実を取り出して、塩を振ったらまとめて一気に食う。
おおおっ これは美味しい!確かな甘み、確かなナッツ味。
蒸し具合は良かったのか、ほどよくネチネチ柔らかく食べ易い。



収穫と皮むきが非常に面倒って事を抜きにすれば、常食したいぐらい旨い。
栗とカシューナッツの間の子って感じかな。
なるべく大きい実を落とすシイの木を探すことと、
簡単に中身を取り出す手段があれば、もう言う事無し、なんだけど。




山道で無数に落ちてるのをチマチマ拾い


蒸した後にチマチマ割ってほじって食う。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/11/15
  • ..[編集]
>まったか。さん
栗を茹でた際に鬼殻が柔らかくなったのを思い出しました。
思ったとおりシイも蒸すと外皮が水気を吸って柔こくなります。
もしかしたらおもいっきり茹でちゃってもイイのかも。
ウェット気味にやれば、あれだけカッチカチにならないかなあ、なんて。
  • まったか。 (#-)
  • URL
  • ,2014/11/14
  • ..[編集]
シイの実といえば乾煎りというイメージなので、蒸すという発想はなかったですねぇ。。茹でてもいけそうですね、また今度拾ってみようかな。

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。