カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかのカワハギ   ,2014/09/14 (日)


初秋の3連休にナイスタイミングで 待ちに待った夏日の復活。
ギラッと眩しい太陽が降り注ぎ、朝から気温は上がりっぱなし。
積乱雲の向うに秋っぽい雲が見えるけど、今日は無視。
恐らく今年の最期になるであろう残暑を楽しもう。

今日はいつもより潮通しのよい深場に来てみた。
2階建ての家ぐらいありそうな岩壁の下までスッキリ見える澄み潮
その海底にワラワラと群がる小魚大魚。見えすぎて少し怖いぐらい。
ずーっと下までワームを落とし、フイフイと海底で歩かせながら泳ぎ探す。
時折ギュンと出てくるアカハタやカサゴは悩みながらも逃げ帰ってしまう。



ここは魚影が濃くて良いな。海草の草原を歩くワームに小魚が沢山寄ってくる。
彼らは興味深々寄ってくるだけで決して食いつかないけど、見てるだけで楽しい。
そのワイワイ集まる様子に興味をそそられたのか、一匹のカワハギが寄ってきた。
普段はワームをチラ見するカワハギが寄ってきただけでもイイ物見たなって感じ。

せっかくカワハギが寄って来たところで 肝心のワームが岩の隙間に挟まってしまった。
動かさなくっちゃ誘えないだろうと、グイグイ引っ張ってみるけど抜けない。
抜けないのに引っ張るものだから、隙間の中でビクンビクンと波打った。
それを見たカワハギは突如気が狂ったように口を突っ込んでガツガツとアタックしてる
岩に隠れてプイプイ動くワームの姿が、カワハギハートに火を着けたようだ。



フイッと向きを変えて去ろうとするカワハギの口元がモグモグ動いて見えたので
もしやと思ってグイっと合わせるとビビビンッと乗った。
わはは、カワハギ釣れたッ!まさか釣れるなんて。
かなり稀でラッキーな状況だろうから、また簡単に釣れる気はしないけれども。
気持ちよい夏日の海で、気分爽快な釣果に満足。



こんな良いサイズのカワハギ釣れるとは


おちょぼぐちに偶然のフッキング


きっと今年最後の夏の陽が落ちてく。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。