カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏は極楽シュノーケリング   ,2014/08/17 (日)


ここ最近、夏で一番お気に入りなのがシュノーケリング。
海で泳ぐのは怖い反面、溶けてしまいそうなぐらい気持ちイイ。
泳ぎは苦手だし、外海に面した潮の流れは恐ろしいけれど
良い場所を探せば 流れが少ない割りにクリアで美しい小磯もある。
潜ってみればキンキンに青い透明の水に、もっさり茂った海草がユーラユラ。
何よりも最高に極楽タイム。



今年は薄いウェットの上着と防水カメラを新調して、さらに潜りが快適に。
砂の溜まりに寝てるエイ、岩から岩へと這い回るウツボ、
ピュンピュンと急いで中層を泳ぐ小魚、ホムホムと海草を食むブダイ
洞窟でくつろいでるメジナ、隣人と土地争いしてる名も知らない根魚達。
ああ、彼らはこんな風に日常暮らしてるんだなあ。

暖かくなったら泳ぎ、寒くなったら揚がって昼寝。
そうやって夏休みの5日間をユラユラと泳いで過ごした最期の日、
ついに探していた本命のタコを見つけた。
岩の下に潜り、ジーッと何処を見るでもなくたたずんでいる。
ホントはもっと沢山いるんだろうけれど、まだまだ探し方がヘタクソなんだろう。



すかさずタコテンヤを落とし込んで、巣穴の遠めから少し近づけてゆく。
全く反応がないので、目の前でモゾモゾと小さく動かしていると
じれったくなったのか手が1本2本とシュルシュル出てきた!
できればここで後退してジラしたかったけれど、上手く操作できなくて
すぐにテンヤは蛸に捕まってしまった。ああ、しかも針には乗っていない。
このままだと穴に持って行かれるのでイチかバチかでグイと合せてみたら
パッと足を離して穴の奥に逃げ込んでしまった。
うーん残念、捕獲失敗した。

ま、今回は小物だったのでそれほど未練もなく。
逢えたしドキドキできたからいいや。
今度は大きいヤツを探そう。




テンヤでアタック。惜しくも逃げられたけどドキドキできた。


海沿いの森のアカテガニコロニーにちょっかい


午前中はガスに包まれる。きっと海水温とかの関係。


座布団級のエイが寝てる。まさか襲われないと思うが怖い。


ソーダ?サバ? 一日中何やら小さい沸きと鳥がスゴイ。


陽が暮れたらクワガタでも見に行く


巣穴らしき場所を探るも結局1匹しか逢えなかった

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。