カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試行錯誤でアミガサタケの肉詰め   ,2014/04/04 (金)


先週末採ってきたアミガサタケを 今夜は肉詰めにしてみる。
肉詰めのレシピをネットで探してみたけれど、あまり参考になる話は出てこない。
日本語以外なら色々ありそうだけれど、面倒なので今夜は適当にやってみよう。

まずは肉を詰める。イメージはピーマンの肉詰めとおんなじ感じだろうか。
詰め物は鶏ひき肉にみじん切りの玉ねぎと塩コショウを混ぜ混ぜ。
アミガサタケの中に詰め込むために足を切ってみるけど入り口は狭い。
無理矢理ギュッギュと押し込んでみるも、中の空気が抜けなくて巧く入らない。
なんだか無理して密封する必要も無い気がして、半分に割って中側に塗り込んだ。



肉を詰めたはいいけど さてどう料理しよう。まあ適当にやるか
メチャたっぷりバターを鍋に溶かして肉詰めアミガサタケを炒める。
焦げないように弱火でジクジクやっても肉の中まで火が通る前に焦げちゃいそう。
ワインを加えて蒸し焼きにしてやろうか。でもこの場合は白?赤?両方やっちゃえ
青っぽさが足りないので、途中からアスパラガスをぶち込む。



蒸し焼き上がったらお皿に持って、残った汁はテロリとなるまで煮詰めてソースに。
ベビーリーフを添えてソースを掛け回したら モリーユ茸の肉詰め出来上がり。
春の草葉の陰にひそむアミガサタケを見つけた感動をひと皿に盛ってみた。



お味の方はなかなか!鶏団子が味をリードするけど裏にキノコの旨みが来る感じ。
ワインのフルーティさも良くあってて、結果的には結構おいしい。
煩くなり過ぎない鶏肉にしたのは正解。もっと淡白な肉の方が合うかもしれない。
欲を言えばアミガサをもっと主張するバランスにしたいところ。
どうしたらいいんだろう? アミガサタケはまだタップリあるし色々やってみるか。




先週収穫してきたアミガサタケ。状態よし。


入口も空洞も狭い。無理矢理詰め込むの大変


バターとワイン、他に良い手があるかな?

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/04/09
  • ..[編集]
>じゅん さん
まだまだシーズン真っ只中ですからね。
今週末が待ち遠しい
  • じゅん (#-)
  • URL
  • ,2014/04/08
  • ..[編集]
ありがとうございます
今週末も頑張って歩いてみます

ネットでもいろいろ探してみますね
  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/04/08
  • ..[編集]
>じゅん さん
なんか、どこかで聞いた事があったような。モリーユの肉詰め。
そうでなくとも、あの空洞はなんだか利用したくなります (^ ^)
沢山逢えるといいですね。キノコに逢うには歩くしかありません。。
ヒントがあるとすると、アミガサタケの画像をググッて
他の人の収穫写真を ひたすら見続けると、なにやら共通点が見えてきたり。
  • じゅん (#-)
  • URL
  • ,2014/04/07
  • ..[編集]
ほんとに、旨そうです!
アミガサタケの肉詰めなんて、よくそんな発想が出来るものです
すごいです

私もこの週末いくつか公園を歩き回って探しました。
なんとか数本だけ見つけましたが、まだアミガサタケを探す特徴が分かりません…
今週末も頑張ります

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。