カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四国遠征、スズキをこぼす   ,2014/02/19 (水)
四国遠征春鰤アタック、シャクり続けること3日目。
この日の朝も 何も起こることなく陽はどんどん高く昇る。
相変わらず足元にはヤガラがユラユラ泳いでゆくが、青物の気配は皆無。
せめてメジロでもハマチでも、ヤズでもいいから何か来い。
せっかく買ったおニュウのロッドを試す機会がなかなかやって来ない。



今回選んだのは、YAMAGA Blanksの"BlueSniper 100MH"。
地磯青物用に使ってたAR-C1006MHが重かったのか、比べると随分と軽い。
それってカーボンが薄いのかな?大丈夫とは思うけど強度面でちょっと心配。
ヤブを漕ぎ 岩にブツけるラフな場面が多い磯釣りでは、繊細なのは面倒だな。
まあ、魚を釣っていく内に判ってくるだろう。

2日半のストイックな釣りに、さすがに飽きてきたのでチョット気分転換を。
別の風表のポイントを教えてもらったので、そちらに移動する。
強い向かい風の磯は、一面サラシが出ていてなんだかイイ感じ。
ナナメ横からの風を受けて、ラインがフケ過ぎるしルアーも飛ばせないけれど、
小1時間投げていてホンの少し風が弱まった隙に岸沿いのサラシを通してみたら
白波の中からコパっという感じのアタリが!やっぱり出たかヒラスズキ。



高い足場から誘導して、高波を利用して手前の岩にドッコイショと乗せる。
さて抜き揚げるかって時に、フトこのロッドの強度が気になった。
果たして抜いて大丈夫なのか?これが始めての魚なので、なんとも判断できない。
いや、ここは安全見てギャフで回収しよう、そんな一瞬の悩みの隙に、
スズキは波にさらわれて岩の隙間に落ちていった。ガックリ、久々の魚を。。
この後もう1本バラし、翌日に再度トライしたら見事なエラ洗いで逃げられた。

朝夕の静かな青物狙いは全く音沙汰のない静けさのまま、
昼の荒波のスズキには逢えるものの、手元まで揚げられず。
獲物の無いまま、遠征4日目の夜はふけてゆく。



疲れた体にビールとカワチクの脂がしみわたる


ベイトは沸いてるようで鳥は集まってる


夜の湾奥にはベイトぎっしり居るんだけど


イリカスを葱と炒めてワインで蒸すと旨し

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/03/03
  • ..[編集]
>きのこ三十郎さん
見かけたら即買いです(^o^)/
  • きのこ三十郎 (#ZSomq.IY)
  • URL
  • ,2014/03/02
  • ..[編集]
カワチク、うまそうだ~♪

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。