カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤリイカ?を釣った   ,2014/02/01 (土)
今週末も金曜の夜から伊豆の海に出張ってヤリイカを狙ってみるものの
周囲の釣人にも釣れてる様子もなく、睡魔に負けてすごすご退散。
釣具屋で聞くと、時期のピークは過ぎてるそうで、最近は釣果もパッとしないとか。
とは言え やってみないと分からないのが釣り。日が暮れ前にまた堤防に向かう。

狙いの堤防にはすでに釣人が集まっていて、良いポイントはあらかた陣取られてる。
端っこの方に座を構えてウキに明かりを灯し、ササミを巻きつけて投げ始める。
日暮れから小1時間、お隣のエギ釣人が40cm近いグッドサイズのイカを獲った。
すぐ横の釣果に心が躍る。集中してジっと電気ウキのアタリがないか見つめる。
少し波っけがあって、ウキはペコペコとお辞儀するのでどれがアタリやらさっぱり。

と思ったら、ウキの灯りがスッとまっすぐ海中に潜った!! うおお、モロに来た!
ロッドをクイっと引いてみると、グイングインとイカらしい抵抗を感じる。
ドキドキしながら巻いてくるとブシュブシュと水を吐くイカが見えた。ヤッタネ
さて揚げようかって時にフイっとハズれてしまった。ぐぬぬ、無念...無念..

何やら周囲でも次々揚げ始めて、どうやら時合が来た様子が伺える。
ワンチャンスを逃したけれど、また来ないかと投げ続けるも、結局それっきり。
釣果もパタリと止んで、静かになった堤防からポツリポツリと釣人が帰ってゆく。
そんな折に釣り友達がやってきたので、一息ついておでんパーティを始める。

テーラーを投げ込んでおいて、オデンをぽつぽつとつまみ食いしつつ、
グダグダとおしゃべりしては、潮に流されたのをまた投げ直して。
そうこうしてるとどんどん釣人も帰ってしまって、堤防は貸切状態になってきた。
吹き続けた南風のおかげで あまり寒くない夜。こういうダラダラは楽しい。



ふと、おしゃべりしていた友人が「ウキが無いよ」と言う。エッ!
友人が出していた竿にやってきたのは赤黒いイカ。これがヤリイカ?スルメ?
こりゃまた時合が来たかと思うと、程なくしてこちらの電気ウキもスッと潜った。
今度こそはと気持ちが昂ぶるけれど、慌てず急がず躊躇せず。
足の根元にガッチリとかかっていたせいで、何の心配もなくアッサリ揚がった。

静かな時間帯を耐え切ったご褒美みたいに、朝間際にトントン拍子で釣れ始めて
結果、3人で6ゲット2バラシ、アタリが取れなかったけれどカジられ跡も何度か。
決して多くはないけど、3度目のトライで初めてのヤリイカ釣果に大変満足。
それにしても、ウキがスっと沈んだ瞬間はとっても良かったなあ。




プンプンに膨らんでプギィィと鳴く。スルメ?ケンサキ?


これがヤリイカかな?小さいからメスかな?


2匹を比較するとエンペラの形がかなり違う。


昼間はアミガサ出そうなポイントのロケハン。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/02/04
  • ..[編集]
>u-sukeさん
おお、やはりスルメとヤリでしたか。ありがとうございます(^ ^)/
両方まで1杯ずつしか見てないので、パッと見じゃあわかりませんでした。
数をみれば馴れるものでしょうけれど。
いずれケンサキにも会ってみたいものです。
  • u-suke (#O/r/HlJU)
  • URL
  • ,2014/02/03
  • ..[編集]
最初のやつがスルメイカ、2本目がヤリイカです。
スルメイカは体色が違うのでわかりやすいですが、瞼があるような目も特徴的です。
ケンサキイカは、ヤリイカのような色でもうちょっとずんぐりむっくりしていて、外側の触腕が長いやつです。
どのイカも美味しいですよね!

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。