カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワラサのブルスケッタ   ,2014/01/01 (水)


釣った青物を黙々と食べる年明け。本日はワラサを。
あまり期待せずに捌いてみれば、思ったよりは脂が乗ってる。
白く脂の乗った部分は刺身で黙々と頂く。うん、美味しい。
さてそれ以外の部分は、それなりに料理して食おう。

今回はここのところ青物料理のド定番になりつつあるブルスケッタで。
まずはアボカド・トマト・ワラサの身をそれぞれ同じぐらいの小粒にブツ切りに。
スライスした玉ねぎは 辛味抜きにサッと水にさらしたら、よく水を切っておく。
材料を全部混ぜ混ぜして ここで塩味をチョイ強めに決める。
熟したアボカドがドロっと崩れて溶けてくるけど、ソースになっていい感じ。



酢とオリーブ油を1:2ぐらいで混ぜて乳化させたドレッシングを掛けて更に混ぜる。
後はカリッと焼いたパンに盛り付けて、忘れたくないのが生ディルのトッピング。
切って混ぜて盛るだけの簡単料理のできあがり。
フルーティなトマトとクリーミーなアボカドの旨み、ネギとディルの爽やかさ、
しっかり効いてる塩と酢の中に 青物の肉の旨みが味わえる。
脂の乗りだけが青物の良さじゃあない、そんな感じの食べ方だと思う。ムチャ旨い!



新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。