カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P153用自作風防   ,2013/12/28 (土)


冷たい朝の磯釣りには湯沸しセットを持っていくのがマイブーム。
一杯のコーヒー、一杯のカップ麺があると随分温かくて寒さも和らぐ。
使っている火器はPrimusのP-153とチタンクッカーの軽量装備。
昔はよくバックパックの旅に持って行ってたのが、今や磯のお供に。

磯で使っていて困ったのは風。炎が横に飛ばされてなかなか湯が沸かない。
ウィンドウシェルを使ってみたけれど、平たい場所の少ない磯では巧く立たない。
もっとイイ風防が無いかと調べてみたら、工夫屋の人達が色々と自作している。
なるほど簡単そうなので作ってみることに。

材料はどこでも売ってる20x30cm厚み0.3mmの薄いアルミ板1枚、お値段¥300ほど。
幅10cmのところでカットして、等間隔に穴を4つ開けて、筒状に丸めただけ。
この穴にP-153の五徳の先端を差し込むだけの簡単クイック組み立て式。
少し丸めればクッカーの内側に収納できるので、別な荷物にもならない。

横からの風をシャットアウトする効果はなかなかにして十分。
更には周辺に発散してた熱を集約して湯沸し効率も少しはUPしてるかも。
少なくとも周りに熱が出ないのでテントや車の中でも使いやすい。
これで磯ホットがはかどるな。




アルミの板を切り出して、穴あけて、丸めただけ。


P-153にセットするとこんな感じ。


五徳の先っぽにアルミ板の穴を通すだけ


磯ホット装備一式


風防はクッカーの内側に丸めて収納が可能。


満タンのガス缶あわせて総重量は556g。重さ以上の満足感。

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

  • カルクウまるてる (#0HOq9I7Y)
  • URL
  • ,2014/01/05
  • ..[編集]
アルミだから工作も簡単でいいですよ。
空気の流れのせいか、直火が当たることもあまりなく、
4~5回使用した感じでは、焼けちゃう感じもありません。
おすすめです(^ ^)
  •  (#-)
  • URL
  • ,2014/01/04
  • ..[編集]
カルクウさん
あけましておめでとうございます

このアルミ風防アイデア素敵です
私もマネして作ってみようかなあ

今年もよろしくお願いします

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。