カルクウ.blog
狩る、そして食う そんな遊びの日々の記録

スポンサーサイト   ,--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魚を少しとキノコ散歩   ,2013/11/23 (土)


随分と朝が寒くなってきたけれど、
最近は磯にカップ麺を持っていくようになって、これがとっても暖かい。
日の出間近の冷たい風にも、体の中からホッと一息。

明るくなってダイペンを打ち込んでいると、ググンと元気のよいアタリが来た。
ポーンと余裕で抜き上げできるワカシサイズ。
立て続けに3本ほど来たけれど、小気味良い暴れっぷりに呑気に対応したせいで
途中であっさりバラして結局獲ったのは1本。
まあ、ツミレ汁にすれば十分な量だからそれもよし。



磯からあがって、昼間は山へ。
寒い季節のキノコはまだよく知らないのだけれど、ナメコがないだろうかと。
ブナ・ナラの沢にあるそうなので、探すなら北国へ行くのが順当だろうけど
できればよく釣りに来る伊豆で探して一石二鳥を狙いたい。

伊豆は海の方に注目してばかりだけど、中央部の山は結構標高があって
山頂付近にはわずかながらブナの森もある。
そんな山の周りをちょびっと覗いて歩いてみたけれど、痕跡も見つからず。
ブリを釣ってナメコを狩ろうなんて思惑は簡単じゃあないな。




山頂部に広がるブナ。遠いな...


南斜面の沢はドライ過ぎるのかな?植生が違うかな?


なんか可愛いミニキノコ。ニガクリかな?

新しいコメントを書く

管理者にだけ伝える(非公開)

この話題へのコメント

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。